So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アメリカの歌 [音楽]

ひとりごと.JPG
今日7月4日は、アメリカ合衆国の242回目の「独立記念日」ですね[わーい(嬉しい顔)]
ポール・サイモンの2枚目のソロアルバム『ひとりごと(There Goes Rymin' Simon)』のB面1曲目に、「アメリカの歌(American Tune)」が収録されています[音楽]

Many's the time I've been mistaken(なんどもなんども過ちを犯し)
And many times confused(なんどもなんども困惑し)
Yes,and ofen felt forsaken(そう、もうへまはやるまいと思うのだが)
And certainly misused(確実にやらかしてしまうのさ)
But I'm all light,I'm all right(でも、それで良いんだよ、良いんだよ)
I'm just weary to my bones(僕は骨の髄までへたれているんだ)
Still,you don't expect to be(今迄みたいにと、きみは思っては駄目だよ)
Bright and bon vivant(明るくて美食家でありたいなんて)
So far away from home,so far away from home(家から遠く遠く離れては)

このアルバムがリリースされたのは1973(昭和48)年で、私が高校1年生の時でした[るんるん]
当時、泥沼化していたベトナム戦争のことを暗喩しているように思えますが、1973年のパリ協定を経て、リチャード・ニクソン大統領は派遣したアメリカ軍を撤退させます。

We come on the ship they call the Mayflower(メイフラワー号という船に乗って)
We come on the ship that sailed the moon(月まで向かう船に乗って)
We come on the age's most uncertain hour(もっとも不確実な時代に辿り着き)
and sing an American Tune(そして、アメリカの歌を歌うんだ)

1969(昭和44年)7月にアポロ11号が初めて月に着陸し、その後何度か月に人類を運んだのですが、その後月に行くのをやめてしまいましたね(^^;;
その理由は、月でとんでもない物を発見してしまったからです…かぐや姫の"牛車"を[がく~(落胆した顔)]

さて、この曲はポール・サイモンがJ.S.バッハの『マタイ受難曲』のメロディをパクった(いや、い引用した^^;)ことをご存知ですか!?


<血潮したたる主の御頭>…J.S.バッハ『マタイ受難曲』より

<アメリカの歌>…ポール・サイモン

聴き比べて貰えば判ると思いますが、前半部分は同じですね[ふらふら]

私も、作曲家:河邊一彦氏の公式WEBサイトから引用させていただきました^^
https://liberty-music.jimdo.com/2014/10/25/j-s-%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E3%81%A8%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3/

nice!(15)  コメント(0) 

BEATLES BEST SELECTION20 Vol.1~Vol.3 [音楽]

BEATLES BEST SELECTION20.JPG
今日は、今から52年前の1966(昭和41)年にビートルズが初来日した日ですね[わーい(嬉しい顔)]
このCDは二十数年前に、1枚1,000円位で購入したベストアルバムだと思います。
制作はイタリア・ミラノの「サウンドプロデュース」という会社ですが、CDのプレスは「チェコ共和国」であると裏面に明記されていますね[CD]
Vol.1には「ラブ・ミー・ドゥ」「抱きしめたい」「ア・ハード・デイズ・ナイト」など、Vol.2には「ロック・アンド・ロール・ミュージック」「プリーズ・ミスター・ポストマン」「デイ・トリッパー」など、Vol.3には「シー・ラブズ・ユー」「プリーズ・プリーズ・ミー」「マネー」など全20曲、3枚で60曲が収録されています[グッド(上向き矢印)]
おそらく、LPレコードからリマスタリングされたものだと思いますので、最新のデジタルリマスタリングに比べるとかなり音質は劣りますが、CDラジカセなら十分に楽しめると思います[るんるん]

久しぶりに、ビートルズを聴いてみました[音楽]
nice!(16)  コメント(0) 

雨のステーション [音楽]

ユーミンからの、恋の歌。.JPG
今日、Amazonさんから『ユーミンからの、恋の歌。』が届きました[わーい(嬉しい顔)]
2012年11月20日にリリースされたオールタイムベスト『日本の恋と、ユーミンと。』は、歴代スタッフやレコード会社の女性社員の意見を参考に選曲されていましたが、今年の4月11日にリリースされたこのベストアルバムは、ユーミンが自ら選んだ"今の時代にこそ聴いて欲しい45曲"を、伝えたい3つのテーマで括りCD3枚組にて収録されています[グッド(上向き矢印)]

DISC2:Urban Cowgirlの11曲目に収録されている「雨のステーション」、この曲は東京にあるJR東日本青梅線の西立川駅がモデルとされているとのことで、発車ベルにこの曲が使われていたり、駅前には歌碑もあるそうですね[るんるん]

 ♪六月は蒼く煙って…梅雨の時期の情景を歌っているのかなぁ!?


「駅」と言えば竹内まりやさんの楽曲を思い出しますが、この曲は元々中森明菜さんのために書いた曲で、楽曲の解釈について山下達郎さんが憤怒し、まりやさんにセルフカバーを勧めたという経緯があるようですね(^^;;
この歌にもモデルとなった駅があり、それは2013年3月15日で営業が終了した、東急東横線渋谷駅の地上ホームだそうです[揺れるハート]


JR九州日豊本線の「津久見駅」は、「なごり雪」を作詞作曲した“正やん”こと伊勢正三さんの故郷の駅で、この駅をモチーフとしているそうです[ひらめき]

列車の発着時に、「なごり雪」のメロディーがホームに流れます[ハートたち(複数ハート)]

nice!(19)  コメント(0) 

ジョルジュ・ムスタキ・ベスト [音楽]

ジョルジュ・ムスタキ・ベスト.JPG
Amazonさんで、フランスのシンガーソングライター「ジョルジュ・ムスタキ」のベストCDを買いました[CD]



最近、g-sky(FM島田)で三輪車の「水色の街」が流れていて、その歌詞の中に♪去年の夏は羨ましくて 横目でアベックにらんだ…というのがありました[音楽]

アベック(avec)…フランス語で「~と一緒に」という前置詞で、英語では「with」に相当する言葉なんですね!!
かつては「一組の男女」を意味する言葉で、日本では頻繁に使われていたんですが、最近の若い人には馴染みのない言葉ではないかと思います!?

話を「ジョルジュ・ムスタキ・ベスト」に戻しますが、このアルバムの1曲目「私の孤独(Ma Solitude)」の歌詞に♪Avec ma solitude(私の孤独と一緒)というのがあります[るんるん]
まあそれで、久しぶりに聴きたくなってベストCDを買ってしまったということです(^^;;

エディット・ピアフ、イブ・モンタン、アンリ・サルバトール他に楽曲を提供したシンガーソングライターですが、ギリシア人だったとは知りませんでした[ふらふら]

「ヒロシマ」という楽曲が印象深いです[exclamation]



YouTubeに「私の孤独」がアップされていました[グッド(上向き矢印)]
nice!(14)  コメント(2) 

♪ミニギター2本 [音楽]

APXトラベル.JPG
買っちゃいました[わーい(嬉しい顔)] ヤマハの「APXトラベル(APXT-IA)」です[グッド(上向き矢印)]
昨日、ピックアップ藤枝店さん(リサイクルショップ)で見つけたのですが、"悩んだら買う"の森永卓郎さん方式に従い、今日買ってきました[るんるん]
十数年前に欲しかったギターですが、長年"恋憧れた女性"に再会出来た気分です[ハートたち(複数ハート)]
ヤイリギター.JPG
実は、この間Amazonさんで「S.Yairi ヤイリ Compact Acoustic Series ミニアコースティックギター YM-02/MH マホガニー ソフトケース付属」を買ったばかりなのですが…
nice!(17)  コメント(1) 

ウィズ・ザ・ビートルズ [音楽]

13号.JPG
本日2月13日(火)に発売となった、ディアゴスティーニのザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション第11弾は『ウィズ・ザ・ビートルズ』です[わーい(嬉しい顔)]
英国において1963年11月22日(金)に発売された、ビートルズ2作目の公式オリジナル・アルバムで、このアルバムからモノラル盤とステレオ盤が同じ日に発売されるようになったとのこと(^^;;
ジョージ・ハリスン初の作詞作曲「ドント・バザー・ミー」や「イット・ウォント・ビー・ロング」「オール・マイ・ラヴィング」などの8曲がオリジナル曲で、「プリーズ・ミスター・ポストマン 」「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン」「マネー」などの6曲がカヴァー曲となっています[るんるん]
「プリーズ・ミスター・ポストマン 」はカーペンターズもカヴァーして、日本でもヒットしていますね[音楽]

オリジナル・アルバムはこれで終了となりましたので、次回以降の定期購読キャンセルをTSUTAYAグランリバー大井川店さんにお願いしてきました(^_-)
nice!(15)  コメント(2) 

イエロー・サブマリン [音楽]

12号.JPG
本日1月30日(火)に発売となった、ディアゴスティーニのザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション第12弾は『イエロー・サブマリン』です[わーい(嬉しい顔)]
これは、イギリスにおいて1969年1月17日に発売されたビートルズの11作目のオリジナル・アルバムであり、アニメ映画『イエロー・サブマリン』のサウンドトラック・アルバムでもあります。
A面には「イエロー・サブマリン」「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」「ヘイ・ブルドッグ」などのが収録され、B面にはサウンド・トラックを担当したジョージ・マーティンの作品と彼のオーケストラの演奏が収録されています(^^;;
私は、このアルバムの中では「ヘイ・ブルドッグ」が好きですが、フォーリーブスの歌に「ブルドッグ」というのがあったと思います[exclamation&question]
そう言えば、民謡歌手の金沢明子さんが歌った「イエロー・サブマリン音頭」というのがありましたね[るんるん]

プロヂューサーは大瀧詠一さんで、訳詞は松本隆さんの超一流コンビです[グッド(上向き矢印)]
nice!(22)  コメント(3) 

ビートルズ・フォー・セール [音楽]

11号.JPG
本日1月16日(火)に発売となった、ディアゴスティーニのザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション第11弾は『ビートルズ・フォー・セール』です[わーい(嬉しい顔)]
このアルバムは、イギリスにおいて1964年12月4日に発売されたビートルズの"4作目"のイギリス盤公式オリジナル・アルバムとなります[グッド(上向き矢印)]
アルバム・タイトルは訳すると「ビートルズ売り出し中」で、クリスマスセールに引っ掛けたものだそうです(^^;;
収録曲は、「ノー・リプライ」「アイム・ア・ルーザー」「アイル・フォロー・ザ・サン」「エイト・デイズ・ア・ウィーク」などのオリジナル曲が8曲、「ロック・アンド・ロール・ミュージック」「ミスター・ムーンライト」「カンサス・シティ~ヘイ、ヘイ、ヘイ、ヘイ」「ハニー・ドント」などのカヴァー曲が6曲となっています[るんるん]

"Eight days a week(1週間に8日)"という印象的なフレーズは、①ポールがジョンの家に向かう途中、運転手に挨拶したところ、運転手が忙しさを表現する時に使った言葉②リンゴがあまりの多忙さに、思わず口をついた言葉と、ふたつの説があるそうですね[揺れるハート]



因みに、「一週間に十日来い」は五月みどりさんの歌でしたね[ハートたち(複数ハート)]
nice!(21)  コメント(2) 

レット・イット・ビー(Let It Be) [音楽]

10号.JPG
本日1月4日(木)に発売となった、ディアゴスティーニのザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション第10弾は『レット・イット・ビー(Let It Be)』です[わーい(嬉しい顔)]
イギリスにおいて1970年5月8日に発売された、ビートルズの13作目にして"同バンドが活動中に最後に発表した”オリジナル・アルバムとなります[がく~(落胆した顔)]
収録曲は、「トゥ・オブ・アス」「アクロス・ザ・ユニバース」「アイ・ミー・マイン」「レット・イット・ビー」「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」「ゲット・バック」他全12曲となりますが、「ゲット・バック」はライブ風にレコーディングされていて、最後にジョンが”I hope we passed the audition(オーディションに合格すると良いな)”と言うジョークまでが収録されていますね(^^;;
1970(昭和45)年は私が中学に入学した年で、自作ラジオ(最初はゲルマニウムラジオでした^^;)で洋楽を聴き始めた頃には、既にビートルズは事実上解散(ポール・マッカートニーが4月10日に脱退を発表)していて、ジョンの「マザー」や「ラブ」、ポールの「アナザー・デイ」などのソロ曲を最初に耳にしてから、遡ってビートルズの曲を聴き始めたような気がします[音楽]
私が1枚だけ持っているビートルズのシングルも「レット・イット・ビー」ですし、オーケストラの音をデジタル処理にて外した『レット・イット・ビー…ネイキッド(裸)』も何処かにあったかと思います^^;)
Let it be(あるがままに)の言葉も、ポール・マッカートニーのお父さんの口癖だったPut it there(なすがまま、キュウリがパパ)からきているのだったと記憶していますが…[exclamation&question]
因みに、歌詞の中に登場するMother Maryは聖母マリアのことではなく、ポール・マッカートニーのお母さんのことを歌っているそうです[揺れるハート]
nice!(18)  コメント(2) 

FDA有志によるクリスマスミニコンサート [音楽]

ミニコンサート(1).JPG
今日の午後2時から、富士山静岡空港ターミナルビル1階FDA(フジドリームエアラインズ)チェックカウンター前で開催された、FDA有志による「クリスマスミニコンサート」に行ってきました[わーい(嬉しい顔)]
ミニコンサート(2).JPG
箏とビオラによる珍しいユニットの演奏で、最初に「きよしこの夜」そして「ひまわり(フランス映画『ひまわり』の主題曲)が演奏され
ミニコンサート(3).JPG
箏を、13弦から17弦の大きな箏に替えて「祈詩RENMEN」が演奏されました[グッド(上向き矢印)]
ミニコンサート(4).JPG
その次に演奏された箏とビオラによる「春の海(作曲:宮城道雄)」は、日本初ではないかと言っていました[るんるん]
ミニコンサート(5).JPG
最後に、箏のソロによる「雪の…(曲名を忘れました^^;)」と「小雨の降る夜」が演奏されましたが、とても楽しく素敵なミニコンサートでしたね[音楽]
nice!(19)  コメント(1)