So-net無料ブログ作成
検索選択

近鉄電車に乗って [鉄道]

東横イン新大宮(1).JPG
北野天満宮近くのバス停から"京都駅行き"に乗り、京都駅のコインロッカーから荷物を出して、21:45発の特急で奈良へ向かいましたが、停まると思っていた「新大宮駅」を通過してしまったため、近鉄奈良駅で折り返して来たので、ホテルにチェックインしたのは22:30過ぎになってしまいました(^^;;
東横イン新大宮(2).JPG
朝、部屋の窓から春日山が見えました[目]
新大宮駅(1).JPG
9:00過ぎにチェックアウトし、再び「新大宮駅」へ[あせあせ(飛び散る汗)]
新大宮駅(2).JPG
近鉄奈良駅行きの”快速”ですね[グッド(上向き矢印)]
新大宮駅(3).JPG
特急を撮ろとして
新大宮駅(4).JPG
やり過ごしてしまいました[ちっ(怒った顔)]
新大宮駅(5).JPG
これは、近鉄奈良駅行きの「普通列車」ですね[るんるん]
新大宮駅(6).JPG
ギリギリを狙い過ぎて、ちょっとフレームからオーバーしてしまいました[がく~(落胆した顔)]
車窓(1).JPG
大和西大寺駅へ向かう車窓から
車窓(2).JPG
平城京跡の「第一次大極殿正殿」が見えました[揺れるハート]
橿原神宮前駅(1).JPG
「大和西大寺駅」でコインロッカーに荷物を預けてから橿原線に乗り換え、再び「橿原神宮前駅」で       注)向う側の電車は「阿部野橋駅」行きです!!
橿原神宮前駅(2).JPG
「吉野駅」行きに乗り換えました^^;)  *これも、寄せ過ぎてしまいましたね[もうやだ~(悲しい顔)]

明知鉄道 [鉄道]

明知鉄道(1).JPG
岩村から土岐へ戻る途中の踏切で、通過する列車を(車の中から)撮ってみました[カメラ]
明知鉄道(2).JPG
明知鉄道は、岐阜県の恵那駅~明智駅間の長閑な田園地帯を走る
明知鉄道(3).JPG
全駅数:11駅、路線の長さ:25.1kmのローカル鉄道で
明知鉄道(4).JPG
営業開始年度は、昭和60年5月21日とのことです[グッド(上向き矢印)]
明知鉄道(5).JPG
また、 四季折々の食事が車両内で楽しめる食堂車も人気のひとつで、
明知鉄道(6).JPG
沿線には、前記事で紹介した趣ある街並みが残る「岩村城下町」や「日本一の農村景観」大正文化を感じる「日本大正村」など多くの観光地が点在しています[るんるん]
明知鉄道(7).JPG
私は鉄道自体も好きですが、鉄道(特にローカル線)が走る"風景"の方が好きですね[ハートたち(複数ハート)]

よみがえる軽便鉄道~駿遠線の軌跡をたどる~ [鉄道]

歴史民俗資料館.JPG
昨日の午後、焼津市歴史民俗資料館の企画展「よみがえる軽便鉄道~駿遠線の軌跡をたどる~」に行ってきました[わーい(嬉しい顔)]
駿遠線(1).JPG
焼津市(旧大井川町)には、藤枝~袋井間64.4kmと言う"日本一長い営業区間"を誇る軽便鉄道「静岡鉄道駿遠線」が走っていて、私が小学校6年生まではこの軽便鉄道に乗って、藤枝駅前までプラモデルを買いに出掛けていました[るんるん]
駿遠線(2).JPG
記念切符の数々でしょうか?!
駿遠線(3).JPG
最終列車のヘッドマークだそうです[グッド(上向き矢印)]
駿遠線(4).JPG
これは、新藤枝~大手間(現在のJR東海道線藤枝駅前から、北に向かって走っていた路線)の最終列車のヘッドマークのようですね(^^;;
駿遠線(5).JPG
手旗とカンデラ(合図灯)
駿遠線(6).JPG
点検用ハンマー、運転安全規範、無事故章などです。
駿遠線(7).JPG
沿線の案内図ですね[揺れるハート]
駿遠線(8).JPG
懐かしい写真も飾られています[カメラ]
駿遠線(9).JPG
上の写真は「大井川駅」の懐かしい風景です^^
駿遠線(10).JPG
駿遠線の鉄道模型も展示されています。
駿遠線(11).JPG
こちらにもジオラマが…
駿遠線(12).JPG
「新藤枝駅」の風景、懐かしいですね[ハートたち(複数ハート)]
駿遠線(13).JPG
行き先表示版、つり革、静鉄バス時刻表、運行図表
駿遠線(14).JPG
運行図表と運賃表
駿遠線(15).JPG
向かって左端が軽便鉄道のレールで、右端が東海道新幹線のレールだそうです[新幹線]
駿遠線(16).JPG
帽子や車掌かばん等々…鉄っちゃん垂涎の品々ですね(^_^)v
駿遠線(17).JPG
静鉄タクシーは「くじらクラウン」かな[exclamation&question]
駿遠線(18).JPG
タブレットとタブレットキャリア
駿遠線(19).JPG
切符回収箱、笛、スタンプ、切符切りなど
駿遠線(20).JPG
「駿遠線の誕生」についての資料のようです^^;)
駿遠線(21).JPG
2017年1月29日(日)まで開催されていますので、近くにお越しの節は是非お立ち寄りください。

<焼津市歴史民俗資料館>

焼津市三ケ名1550番地(焼津市文化センター内)TEL:054-629-6847 休館日:月曜日




天浜線 三ケ日駅 [鉄道]

三ケ日駅(1).JPG
昼休みを利用して、天竜浜名湖鉄道(天浜線)の「三ケ日駅」へ行ってみました[わーい(嬉しい顔)]
三ケ日駅(2).JPG
風情のある駅舎ですが
三ケ日駅(3).JPG
国の“登録有形文化財”に指定されているんですね[グッド(上向き矢印)]
三ケ日駅(4).JPG
建てられたのは、戦前の昭和11年4月とのことです[るんるん]
三ケ日駅(5).JPG
誰の筆によるものなのでしょうか?!
三ケ日駅(6).JPG
券売機ですね^^;)
三ケ日駅(7).JPG
乗り降り自由な「1日フリーきっぷ」は、確か1,700円だったと思います!?
三ケ日駅(8).JPG
懐かしい、待合室の風景ですね[揺れるハート]
三ケ日駅(9).JPG
ホームに出てみましょう!!
三ケ日駅(10).JPG
天浜線は“単線”なので、ここで列車がすれ違うんですね[電車]
三ケ日駅(11).JPG
コチラは、新所原(湖西市)方面です。
三ケ日駅(12).JPG
駅舎の西側です。
三ケ日駅(13).JPG
自販機には、来年の大河ドラマ「女城主 直虎」の文字が…[TV]
三ケ日駅(14).JPG
何故か、駅前にロダンの「考える人」が(^^;;
三ケ日駅(15).JPG
駅前の風景です。
三ケ日駅(16).JPG
マンホールの絵柄は、三ケ日みかんと猪鼻湖かな?!
三ケ日駅(17).JPG
鉄橋があります。
三ケ日駅(18).JPG
向こうが「三ケ日駅」ですね^^
三ケ日駅(19).JPG
美しい「猪鼻湖」の風景です[ハートたち(複数ハート)]
三ケ日駅(20).JPG
さあ、帰りましょう。
三ケ日駅(21).JPG
この川は、「神明川」と言うそうです!?
三ケ日駅(22).JPG
小さな踏切があります。
三ケ日駅(23).JPG
三ケ日駅方面です。
三ケ日駅(24).JPG
♪When the night has come…「Stand By Me」のメロディーが流れて来そうです[音楽]

ロープウェイも鉄道の仲間?! [鉄道]

桃源台(14).JPG
今日の夕方5:00からJFN系列で放送された、FM番組「ピートのふしぎなガレージ」でロープウェイが取り上げられていて、「索道」と呼ばれるロープウェイやゴンドラも鉄道の仲間なんだそうですね[わーい(嬉しい顔)][電車]

 ☆番組WEBサイト…http://www.tfm.co.jp/garage/top.php?itemid=107994

上の写真は「箱根ロープウェイ」のゴンドラですが、このロープウェイには十数年前に課内旅行で箱根を訪れた時に乗った記憶があります[るんるん]
舘山寺ロープウェイ(1).JPG
このゴンドラは、2011年10月23日に労組のバスツアーで「空自浜松基地航空祭」に出掛けた帰り、夕食まで時間があったので舘山寺温泉に向かい、その時自由行動で乗った「舘山寺ロープウェイ」のものです[グッド(上向き矢印)]
舘山寺ロープウェイ(2).JPG
向こうの山の上まで向かいます^^
舘山寺ロープウェイ(3).JPG
山頂から見下ろすと、眼下に「遊園地 浜名湖パルパル」が見えます[目]
浜名湖かんざんじ温泉観光協会公式ホームページ…http://www.kanzanji.gr.jp/
久能山ロープウェイ(1).JPG
このロープウェイは、2015年5月15日に「久能山東照宮」へ出掛けた時、帰り(日本平山頂へ戻る)に乗ったゴンドラです[揺れるハート]
久能山ロープウェイ(2).JPG
日本平山頂から久能山東照宮へ向かう時は、こちらのゴンドラに乗りました[ハートたち(複数ハート)]
眉山ロープウェイ.JPG
2014年8月12日に、こいちゃんと眉山山頂へ登った時に乗ったロープウェイですが、残念ながらゴンドラの写真を撮り逃してしまいました[ちっ(怒った顔)]

ケーブルカーに乗ったのは、やはり課内旅行で箱根に行った時、「箱根宮ノ下」で旅館まで下る“私設の小さなゴンドラ”が印象的でした(^_^)v



きかんしゃジェームス14号 [鉄道]

ジェームス号(1).JPG
千頭駅の横を通過した時は出発前でしたので、上手く行けば「川根温泉」で”捕獲”出来るかと思い、ひたすら車を走らせました[車(セダン)]
ジェームス号(2).JPG
「村の市」前の駐車場に車を停め、河原に下りた所で汽笛が聞えました(^^;;
ジェームス号(3).JPG
もう少し早く到着していれば、鉄橋の向こう側まで行くことが出来たのですが、トーマス号&ジェームス号が運転される日は、国道362号線の“一部道幅が狭い区間”で交互通行となるため、そこで時間を取られてしまったようです[時計][ちっ(怒った顔)]
ジェームス号(4).JPG
河原には、他のギャラリーさん達の姿も見受けられました[るんるん]
ジェームス号(5).JPG
ズーム80mm(35mmフィルム換算で約120mm)だと、こんな感じに撮れます[カメラ]
ジェームス号(6).JPG
ワイド側の17mm(35mmフィルム換算で約26mm)では、鉄橋全体が入りますね[グッド(上向き矢印)]
ジェームス号(7).JPG
但し、煙の出方が少なかったのが残念でした[ふらふら]

和歌山電鐵 貴志川線 [鉄道]

アパホテルより.JPG
月曜日に「たま電車に乗ってきました^^ <速報>」の記事を紹介しましたが、改めて『和歌山電鐵 貴志川線』をアップさせていただきます[猫][電車]
7月12日(日)は晴天に恵まれ、晴れ女(hatumi30331さん)&晴れ男(私、Aちゃんさん?!)のパワー全開でした[晴れ] ~アパホテルから観た岸和田の風景です~
サザン乗車.JPG
「岸和田駅9:33発のサザン、自由席の先頭車両に乗車せよ」とのミッションをhatumi隊長からいただいておりましたので、次の泉佐野駅で二人と合流しましたが、最初隊長は私が乗っているのに気付かなかったみたいです(^^;;
和歌山市駅(1).JPG
和歌山市駅に着いたのが10:15頃だと思いましたが、此処でトラブルが発生しました[ちっ(怒った顔)] hatumi30331さんのカードが、改札機の中でぐちゃぐちゃになってしまったのです[もうやだ~(悲しい顔)]
和歌山市駅(2).JPG
和歌山電鐵貴志川線は「JR和歌山駅」から出ているため、南海和歌山市駅~JR和歌山駅までは紀勢線でも行くことが出来ますが、本数が少ないので駅前からバスを利用することにしました[バス]
たま電(1).JPG
JR側の改札を抜け、ニャンコの足跡の案内に導かれ、貴志川線のホームへ向かいます[あせあせ(飛び散る汗)]
たま電(2).JPG
壁にも足跡がありますね[かわいい]
たま電(3).JPG
貴志川線は“9番ホーム”です[るんるん]
たま電(4).JPG
階段にも、「スーパーたま駅長」のパネルが飾られています[揺れるハート]
たま電(5).JPG
たまたま「たま電車」が停車していたと思ったのですが、Aちゃんさんの事前チェックが行われていて、その時間に合わせてやってきたとのことでした[時計]
たま電(6).JPG
「1日乗車券」を購入した方が、喜志駅までの往復料金より安かったです[ハートたち(複数ハート)]
たま電(7).JPG
喜志駅は、和歌山駅から数えて“13駅目”ですね!?
たま電(8).JPG
さあ、乗車しましょう^^
たま電(9).JPG
"背もたれ"がニャンコですね[猫]
たま電(10).JPG
ベンチシートの座布団にも、たま駅長がいっぱいです[グッド(上向き矢印)]
たま電(11).JPG
「ドラえもん」は、未来の"猫型ロボット"でしたね(^^;;
たま電(12).JPG
ニャンコ関係の書籍がいっぱいです[本]
たま電(13).JPG
「猫はなぜ生きる」と言われてもね~
たま電(14).JPG
ふぢたしょうこ先生のコミックはないのかな?!
たま電(15).JPG
小さいお子さんなら入れそうですね(^^;;
たま電(16).JPG
吊り広告にも「たま駅長」が
たま電(17).JPG
ご挨拶しています。
たま電(18).JPG
この背もたれは、背中が痛そうです(>_<)
喜志駅(1).JPG
約30分程で「喜志駅」に到着しました[時計]
喜志駅(2).JPG
鉄ちゃんかな?!
喜志駅(3).JPG
たま駅長のヒストリーですね!?
喜志駅(4).JPG
和歌山県知事、和歌山市長、紀の川市長からもお花が届いてます。
喜志駅(5).JPG
ここでも、韓国語と中国語が…
喜志駅(6).JPG
この駅舎も、たま駅長人気のお蔭ですね^^;)
てっちゃんの店(1).JPG
駅からちょっと歩いた所にあった、「てっちゃんの店」で昼食としました[レストラン]
てっちゃんの店(2).JPG
hatumi30331さんは「いもステーキ定食」、Aちゃんさんと私は「おまかせ定食」にしました[るんるん]
てっちゃんの店(3).JPG
こうこなくちゃね[ビール]
てっちゃんの店(4).JPG
先付けは、キュウリと白菜の漬物です。
てっちゃんの店(5).JPG
これが、「おまかせ定食」の全品です。美味しかった[グッド(上向き矢印)]
喜志駅(7).JPG
再び喜志駅に戻って喜志駅(8).JPG
線路側からパチリ[カメラ]
喜志駅(9).JPG
各イラストレーターによるニャンコや
喜志駅(10).JPG
「たま駅長ギャラリー」も^^
喜志駅(11).JPG
たまおみくじ…恋占いかな[揺れるハート]
喜志駅(12).JPG
「たまちゃん文庫」?!
喜志駅(13).JPG
たま駅長奮戦記…
喜志駅(14).JPG
勤務中の「ニタマ駅長」[眠い(睡眠)]
喜志駅(15).JPG
時刻表の周りに、「スーパーたま駅長」の在りし日のお姿が
たま遺影(1).JPG
大きめの“御遺影”も
たま遺影(2).JPG
たま遺影(3).JPG
たま遺影(4).JPG
たま遺影(5).JPG
たま遺影(6).JPG
喜志駅(16).JPG
この積み方は「オランダ積み」かな?!
喜志駅(17).JPG
電車がやってきました[電車]
喜志駅(18).JPG
ねこ神社
喜志駅(19).JPG
いちご神社→貴志は「いちご狩り」で有名とのこと!?
喜志駅(20).JPG
おもちゃ神社…ご神体は、「電動こけし」じゃあないと思います(^^;;
喜志駅(21).JPG
「撮鉄」を撮る[カメラ]
喜志駅(22).JPG
あれは何でしょう?!
喜志駅(23).JPG
たまちゃんは、貴志川線全駅の“スーパー駅長”だったのです(^_^)v
喜志駅(24).JPG
「貴志駅建設のためのサポーター」のお名前が刻まれていました[ハートたち(複数ハート)]
喜志駅(25).JPG
ホームにある時刻表です。
喜志駅(26).JPG
子供達が「きいちゃん電車」と言っていました[電車]
喜志駅(27).JPG
さあ、乗り込みましょう!!
喜志駅(28).JPG
吊り広告は、「うちのにゃんこ」写真コンテスト2015の入選作品でした[グッド(上向き矢印)]
JR和歌山駅(1).JPG
JR和歌山駅構内に展示されていた「ダイハツ ウェイク」です[車(RV)]
JR和歌山駅(2).JPG
JR和歌山駅前バスターミナルの
JR和歌山駅(3).JPG
ここの乗り場から
JR和歌山駅(4).JPG
このバスに乗って
和歌山市駅(3).JPG
南海「和歌山市駅」まで戻り、帰路に就きました。

「サザン」は30分後に出発でしたので、先発の大阪なんば駅行き普通列車に乗ることにして、hatumi30331さんとは「羽倉崎駅」で別れ、私はコインロッカーの荷物を出すため一度「岸和田駅」で下車し、ホームに戻ってきたら「サザン」がやってきたので、それで「新今宮駅」まで出て、そこからJR線を乗り継いて「JR大津駅」まで向かいました[電車]

たま電車に乗ってきました^^ <速報> [鉄道]

たま電車(1).JPG
昨日はhatumi30331さん、Aちゃんさんと一緒に、和歌山電鉄貴志川線の「たま電車」に乗ってきました[電車]
たま電車(2).JPG
車内は「たまちゃん」でいっぱいでした[わーい(嬉しい顔)]
たま電車(3).JPG
途中の駅で「おもちゃ電車」とすれ違いました[グッド(上向き矢印)]
たま電車(4).JPG
先月22日(月)に、享年16歳(人間の歳で80歳くらい)で亡くなられた「スーパーたま駅長」のために、献花台が設けられていました。 <合掌>
たま電車(5).JPG
後任の「ニタマ駅長」は“出勤”されていました[かわいい]
たま電車(6).JPG
「貴志駅」の全景です[るんるん]
たま電車(7).JPG
帰りの電車は、今秋開催される『わかやま国体』の、"紀州犬をモチーフにした"元気いっぱいのマスコット「きいちゃん」がラッピングされた電車でした[揺れるハート]

詳細は、後日アップさせていただきます^^;)

回れ右!前へ進め!! [鉄道]

方向転換(1).JPG
C56が客車を繋げたまま後退します!?
方向転換(2).JPG
客車を切り離して、隣の路線へ移動します^^;)
方向転換(3).JPG
何処へ向かうのでしょうか?!
方向転換(4).JPG
ポイントを切り替えて
方向転換(5).JPG
前進してきます[るんるん]
方向転換(6).JPG
作業員が一人、赤い旗を持って降りました!!
方向転換(7).JPG
ゆっくりと近づいてきます。
方向転換(8).JPG
「転車台」へ入るのですね[グッド(上向き矢印)]
方向転換(9).JPG
方向転換(10).JPG
方向転換(11).JPG
方向転換(12).JPG
方向転換(13).JPG
きちっと入りました[ハートたち(複数ハート)]
方向転換(14).JPG
「せーの(クロネコでも佐川でもない!?)」で動かし始めました[ダッシュ(走り出すさま)]
方向転換(15).JPG
凄いですね(^o^)/
方向転換(16).JPG
たった3人で、約65トン(炭水車含む)もの車体を動かしていますよ(^^;;
方向転換(17).JPG
動き出すまでが大変なんですよね!?
方向転換(18).JPG
頑張れ~
方向転換(19).JPG
方向転換(20).JPG
方向転換(21).JPG
方向転換(22).JPG
方向転換(23).JPG
方向転換(24).JPG
方向転換(25).JPG
方向転換(26).JPG
方向転換(27).JPG
方向転換(28).JPG
方向転換(29).JPG
方向転換(30).JPG
方向転換(31).JPG
あともう少しです。
方向転換(32).JPG
ちょっと“行き過ぎた”ようですね(^^;
方向転換(33).JPG
180°方向転換が完了しました!!
方向転換(34).JPG
動かないように、線路がロックされます。
方向転換(35).JPG
出発進行[exclamation]
方向転換(36).JPG
ゆっくりと出て行きます。
方向転換(37).JPG
方向転換(38).JPG
作業員が2人乗り込みます。
方向転換(39).JPG
最後の1人も乗り込みました^^
方向転換(40).JPG
方向転換(41).JPG
ポイントの向こうまで戻って
方向転換(42).JPG
ポイントを切り替えて
方向転換(43).JPG
今度はバックで客車に向かいます[るんるん]
方向転換(44).JPG
方向転換(45).JPG
何か楽しそうですね[わーい(嬉しい顔)]
方向転換(46).JPG
このC5644は、戦時中タイで活躍した機関車でしたね(^_^)v
方向転換(47).JPG
バックオーライ
方向転換(48).JPG
客車と連結します。
方向転換(49).JPG
作業完了!!
方向転換(50).JPG
お疲れ様でした(*^^*)


トーマスフェア会場 [鉄道]

トーマスフェア会場(1).JPG
「トーマスフェア」が開催されている、大井川鉄道千頭駅へやってきました[わーい(嬉しい顔)]
トーマスフェア会場(2).JPG
会場内の案内図ですね[グッド(上向き矢印)]
トーマスフェア会場(3).JPG
しかし、「トーマスフェア」はトーマス号の"運転日のみ"開催されるということで、通常の入場券(150円)を買って駅構内に入りました^^;)
トーマスフェア会場(4).JPG
「ヒロ」の運転室です[るんるん]
トーマスフェア会場(5).JPG
これは「パーシー」の運転室で、奥のBOXのボタンを押すとパーシーが喋るようです^^
トーマスフェア会場(6).JPG
「ヒロ君」と逢うのは1年ぶりかな?!
トーマスフェア会場(7).JPG
今年からお目見えになった「パーシー君」、初めまして[揺れるハート]
トーマスフェア会場(8).JPG
二人のツーショットをパチリ[カメラ]
トーマスフェア会場(9).JPG
トーマスフェア開催中は、「ミニSL」が運転されるようです[ハートたち(複数ハート)]
トーマスフェア会場(10).JPG
「かわね路号」が入ってきました(^o^)/
トーマスフェア会場(11).JPG
SLでやってきた乗客が、「可愛い~!!」と言いながら写真を撮っています[カメラ][カメラ][カメラ]
トーマスフェア会場(12).JPG
これも、トーマスフェア開催時に楽しめる「電動カー」ですね(^^;;
トーマスフェア会場(13).JPG
去年はここで、トーマス号が方向転換するのを見逃してしまいました[ちっ(怒った顔)]
トーマスフェア会場(14).JPG
私は、この“ポイント切替装置”の方が興味があります!!
トーマスフェア会場(15).JPG
井川線の客車が並んでいます。
トーマスフェア会場(16).JPG
井川線の「トロッコ列車」が戻ってきました[電車]
トーマスフェア会場(17).JPG
小さな機関車なので、運転士さんも窮屈そうです[がく~(落胆した顔)]
トーマスフェア会場(18).JPG
SLでやってきた乗客の一部が、この列車で「接阻峡駅」まで向かうようでした!?
トーマスフェア会場(19).JPG
他の人達は、「ヒロ」と「パーシー」の前で記念撮影です[カメラ]
トーマスフェア会場(20).JPG
この後”面白いもの”を見ることが出来ましたが、それは明日のブログで…^^

メッセージを送る