So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon COOLPIX A10 [カメラ]

A10-1.JPG
60歳の誕生日に買ったのは、ニコンのコンデジ「COOLPIX A10(税込み8,480)」です[わーい(嬉しい顔)]
A10-2.JPG
勿論、還暦を迎えましたので“赤”にしました[るんるん]
A10-3.JPG
ストラップを取り付けます。
A10-4.JPG
このカメラを選んだ最大の理由は、「単三アルカリ電池」が使えるという点です[グッド(上向き矢印)]
もし“電池切れ”を起こしても、コンビニ等で電池が買えますのでとても便利です(^^;;
A10-5.JPG
SDカードも、比較的入手し易い記録媒体ですね[揺れるハート]
A10-6.JPG
有効画素数は1,614万画素、光学5倍ズーム(デジタル最大4倍を使えば20倍ズーム相当)、ISO80~1600、重量は約160g(電池、SDカード含む)と軽量コンパクトです!!
特に、電池収納部分の突起があるため片手で握り易く、カメラを振り回しても“すっぽ抜けない”グリップ感(コンパクトカメラを選ぶ時の、私の基準です^^;)が気に入りました[ハートたち(複数ハート)]

さあ、このカメラを持って何処へ行こうかな[exclamation&question]

写真倶楽部定例会へ参加(見学) [カメラ]

写真倶楽部定例会.JPG
同級生(幼稚園~中学)の美女に誘われて、今日の午前9:00から大井川中央公民館学習室で行われた、彼女の所属する「写真倶楽部」の定例会へ“見学”という形で参加しました[わーい(嬉しい顔)]
定例会の内容は、4月末に予定されている“山形への桜撮影旅行”のスケジュールと、5月中旬に予定されている”ギャラリーでの展示会”について確認を行った後に、“桜の撮影方法”について資料に基づき勉強会が行われました[グッド(上向き矢印)]
そして、皆さんが持ち寄った写真をテーブルに並べての鑑賞会となりましたが、私が名刺代わりに持参したジェット機の写真を気に入っていただけたようで、俱楽部への参加を勧められました(^^;;
今迄独学で写真を撮って来ましたが、皆さんにアドバイスを貰うほうが撮影技術の向上に繋がるかなと思い、入会の手続きを進めて貰うことにしました[るんるん]
但し、山形への「桜撮影旅行」は日程的に折り合いが付かなかったため諦めましたが、その次の撮影旅行へは是非参加したいと思います[揺れるハート]

インスタントモバイルプリンター [カメラ]

GL10_1.JPG
Amazonさんで検索していたら、Polaroid製の「GL10 インスタントモバイルプリンター」が、定価18,308円のところ50%(9,242円)OFFの税込9,066円で出展されていたので、思わずポチッとしてしまいました(^^;;
確かこのプリンターは、レディ・ガガのプロデュースによるものだったと思いました[わーい(嬉しい顔)]
GL10_2.JPG
本体とバッテリー、電源アダプターが同梱されています。
GL10_3.JPG
本体にバッテリーを入れて、充電を行いました。
GL10_4.JPG
ここで、驚愕の真実が発覚しました[がく~(落胆した顔)]
このプリンターは既に“メーカーサポート”が終了していて、専用紙である「ZINKフォトペーパー 3"×4"(約7.6×10.2cm)」も製造中止になっているようです[もうやだ~(悲しい顔)]
GL10_5.JPG
何とか30枚入りを入手出来ましたが、今後入手困難になる可能性があります[ふらふら]
GL10_6.JPG
プリンターに用紙をセットします。
GL10_7.JPG
青い台紙が排出されれば、準備OKです[るんるん]
GL10_8.JPG
カメラからダイレクトに印刷可能な、Pict Bridge機能搭載のデジカメ(今回はEOS60Dを使用)から印刷してみます[カメラ]
GL10_9.JPG
ワイド画面の写真だと、ちょっと右側が欠けてしまいます[ちっ(怒った顔)]
GL10_10.JPG
プリントして誰かに差し上げる場合は、フレーミングに注意しないといけませんね!?

次回、オフ会に参加する時、このモバイルプリンターを持参する予定です(^_^)v

Panasonic Lumix SZ10 [カメラ]

Lumix SZ10(1).JPG
買っちゃいました[わーい(嬉しい顔)]
Lumix SZ10(2).JPG
5月1日(日)に静岡県立美術館へ出掛けた帰り、たまたま立ち寄ったカメラのキタムラ藤枝/田沼店さんで、Panasonic製のコンデジ「LUMIX SZ10」が4月1日より12,800円(税込)に値下げされていたものですから、迷わず(本当は迷った^^;)買ってしまいました[るんるん]
Lumix SZ10(3).JPG
一番の決め手は、液晶パネルが180度回転して“自撮り”出来るところでした[グッド(上向き矢印)]
Lumix SZ10(4).JPG
勿論、Wi-Fi機能も搭載されていて、スマホからの“リモート撮影”も可能です[揺れるハート]
Lumix SZ10(5).JPG
GOLLAのカメラケース(税込980円)、エツミの液晶プロテクトフィルム(税込782円)、5年間延長保証加入(本体価格の5%で640円)をプラスして、合計15,202円でした(^^;;
Lumix SZ10(6).JPG
今日、富士山静岡空港で“試し撮り”してみました[カメラ]
Lumix SZ10(8).JPG
お見苦しい写真で申し訳ありませんが、“自撮り”してみました[たらーっ(汗)]
Lumix SZ10(9).JPG
工学ズーム12倍だとフレームに入り切らないので、約10倍程度で写してみました!!
Lumix SZ10(10).JPG
これは、デジタルズームにて約20倍くらいだったかな?!
Lumix SZ10(11).JPG
暖かい季節になると“陽炎”が発生するので、ズームのボケではないと思います[ふらふら]

では、SZ10で撮った動画をお楽しみください^^
Lumix SZ10(12).JPG
これは、中国東方航空ですね!?

こちらも動画で…最後、爺さんの頭に邪魔された[ちっ(怒った顔)]
Lumix SZ10(13).JPG
今日富士山静岡空港へ出掛けたのは、FDA10号機(シルバー)がやってくるからでした[ハートたち(複数ハート)]
Lumix SZ10(14).JPG
こちらは、FDA5号機(オレンジ)です(^_^)v
Lumix SZ10(15).JPG
生垣のツツジが綺麗でした[かわいい]
Lumix SZ10(16).JPG
マクロ機能も…3cmまで接写可能です[サーチ(調べる)]

富士山が久しぶりの雪化粧(^_-) [カメラ]

富士山冠雪(1).JPG
東京が"雪で大変だった"昨日、富士山が真っ白に雪化粧しました[わーい(嬉しい顔)]
南アルプス.JPG
静岡市の山間部にも、雪が降り積もったのでしょうか?!
富士山冠雪(2).JPG
今朝の、朝日を浴びた富士山です[晴れ]
富士山冠雪(3).JPG
通勤途中で[カメラ]
富士山冠雪(4).JPG
牧之原台地を登った、坂の途中から望む富士山です[目]
富士山冠雪(5).JPG
右手に、大井川に架かる「はばたき橋」が見えますね[るんるん]
富士山冠雪(6).JPG
高校時代、冬の恒例行事だった“マラソン大会”のコースにあった、通称「心臓破りの坂」の頂上から眺める富士山です[揺れるハート]
富士山冠雪(7).JPG
お昼頃になると、富士山の上を通過するように、富士山静岡空港へ向かってジェット機が下りていきます[飛行機]

また強風に煽られた、富士山の“西側の雪”が舞い散ってしまうのかな[がく~(落胆した顔)]

TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3(A14S) [カメラ]

A14S(1).JPG
「カメラのキタムラネットショップ」で注文して、昨日入荷のメールが入ったので、藤枝/田沼店へ受け取りに行ってきました[わーい(嬉しい顔)]
A14S(2).JPG
TAMRONの標準ズームレンズ「AF18-200mm F/3.5-6.3(Model:A14S)」です[グッド(上向き矢印)]
A14S(3).JPG
今回は、SONYα200用(Aマウント)を購入しました[るんるん]
プロテクトフィルター.JPG
実は、以前間違って62mmのプロテクトフィルターを買ってしまい、開封する前に気付けば良かったのですが、開封してから気付いたため、このフィルターが使えるα200用レンズを購入したことになります(^^;;
A14S(4).JPG
早速取り付けてみます[揺れるハート]
A14S(5).JPG
ズーム範囲は18-200mm(35mmフィルム換算で27-300mm)ですので、広角から望遠までこれ一本で賄うことが出来ます[ハートたち(複数ハート)]
wagonR.JPG
“マクロ機能”がありますので、ズーム最大(200mm)で45cmまで近づけます(^_^)v

試し撮りは、後日紹介させていただきます[カメラ]

「ジャスピンコニカ」誕生の日 [カメラ]

Konica C35.JPG
1977(昭和52)年11月30日、カメラメーカー小西六写真工業(コニカ、現:コニカミノルタ)が世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラを販売したことから、「カメラの日」といわれているそうです[カメラ]
そのカメラは「コニカC35AF」で愛称は「ジャスピンコニカ」と呼ばれ、2年間で100万台を生産するほどのヒット商品だったとのことです[グッド(上向き矢印)]
写真のモデルは「コニカC35EF」ですので、その一世代前のカメラになりますね[るんるん]
注)税込100円で買った“ジャンク品”ですので、写るかどうか判りません(^^;;
海鴎.JPG
私が持っているカメラで“変わり種”と言えば、この二眼レフ「海鴎」です[揺れるハート]
勿論中国(上海)製ですが、このカメラは写すことが出来ますよ[ハートたち(複数ハート)]

<水木しげる先生、安らかに>
目玉おやじ.JPG
今朝、「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」などで知られる漫画家・水木しげる先生が、93歳で亡くなられたそうです。ご冥福をお祈り申し上げます。

富士山と十三夜 [カメラ]

11月24日の富士(1).JPG
昨日は、久しぶりに富士山が顔を覗かせてくれました[わーい(嬉しい顔)]
11月24日の富士(2).JPG
通勤途中の高台(牧之原台地の端)から、SONY α200+MINOLTA AF100-300mmで撮影してみました[カメラ]
11月24日の富士(3).JPG
高校時代のマラソン大会で、通称「心臓破りの坂」と呼ばれた頂上からの富士山です[グッド(上向き矢印)]
11月24日の富士(4).JPG
ここに来る途中、富士山静岡空港へ下りるジェット機を見ましたので、もう少し早く出掛けてば、“富士山の上を通過するように見える”写真を撮ることが出来たかも[ちっ(怒った顔)]
十三夜.JPG
昨夜は「十三夜」でした[やや欠け月]

<ハイビジョンの日>
Hi-Vision TV.JPG
今日は「ハイビジョンの日」だそうです[るんるん]
ハイビジョンテレビの走査線の数が、当時は1125本(有効1080本)であることから、郵政省(総務省)とNHKが1987(昭和62)年に11月25日を記念日に制定したそうです[グッド(上向き矢印)]
 ※現在一部販売中の「4kハイビジョン」は、走査線が約2倍の2160本となります。
また、この日とは別に、9月16日が通商産業省(経済産業省)の制定した「ハイビジョンの日」となるそうです[がく~(落胆した顔)]

我が家の37インチプラズマテレビは、今年の暮れで丸11年を迎えます[TV]
当時は50万円しましたので、今なら50インチのLED液晶テレビ(4K)が2台買えます[揺れるハート]
単純計算すれば、1日当たり"125円程度"になりますので、十分元は取ったかな[ひらめき]
次は、55インチが欲しいですね[ハートたち(複数ハート)]


SEIN No.6 & dp3 Quattro Photo book [カメラ]

SEIN No.6.JPG
昨日、株式会社シグマさんの広報誌「SEIN(ザイン) 」第6号が届きました[わーい(嬉しい顔)]
今回のテーマは「Tangible」で、ツールの変化により“視覚表現”の機会も力も増している今、写真とその機材には何が求められるかを、「身体性」を一つの手掛かりとして紐解いていく内容となっているようです[グッド(上向き矢印)]
SEIN No.1~6.JPG
「SEIN」とはドイツ語で“存在”を意味する言葉で、“等身大のSIGMA”をユーザーに直接に伝える、年4回の季刊誌です[本]
シグマ製品を2個以上(カメラは1個以上)ユーザー登録している方(購読解除した人を除く)を対象に、定期的に送付されるもので、今回で6冊目を数えることになりますね[るんるん]
dp3 Quattro.JPG
また今回は、写真家のトミオセイケ氏によるフォトブックが同封されていました[揺れるハート]
SIGMA DP3 Merrillのカタログに写真を提供されたセイケ氏が、SIGMA dp3 Quattroで撮り下ろした作品を編んだものだそうです[カメラ][ハートたち(複数ハート)]

SIGMAさんのレンズとの付き合いは、今から30年ほど前に買ったOLYMPUS OM-10にセットされていた28-105mm標準ズームが始まりだったと思いますが、今はどちらかというとTAMRONさんのレンズの方が多いかな(^^;;

花火を撮るのは難しい(--;) [カメラ]

花火(1).JPG
花火(2).JPG
花火(3).JPG
花火(4).JPG
花火(5).JPG
花火(6).JPG
花火(7).JPG
花火(8).JPG
花火(9).JPG
花火(10).JPG
花火(11).JPG
花火(12).JPG
花火(13).JPG
花火(14).JPG
花火(15).JPG
今宵、藤枝市にある蓮華寺池公園で「第35回藤枝花火大会」が開催されていましたので、2Fの東側の窓からほぼ真北にEOS60Dを向けて撮影してみました[カメラ]
最初はSIGMA150-500mmを取り付けていましたが、500mmだとフレームアウトしてしまう花火があるため、TAMRON16-300mmに交換しました[るんるん]
でも、なかなかシャッターを押すタイミングが掴めず、また”単発の花火”では面白味がないため、8月14日(金)に予定されている「第40回焼津海上花火大会」には、会場となる焼津港新港まで出向いてみようかと思います[揺れるハート]
http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0622e01046/
メッセージを送る