So-net無料ブログ作成
検索選択

第五福龍丸 [船舶]

第五福竜丸(1).JPG
焼津市歴史民俗資料館に展示されている「第五福龍丸」の模型です。
第五福竜丸(2).JPG
「第五福龍丸」は地元焼津市の遠洋マグロ漁船でしたが、1954(昭和29)年3月1日に米軍のビキニ環礁での水爆実験「キャッスル作戦」に巻き込まれ、多量の放射性降下物(死の灰)を浴び、3月14日に焼津港へ帰港しました。
第五福竜丸(3).JPG
そして、無線長だった久保山愛吉(くぼやま あいきち)さんが、この半年後の9月23日に「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」と遺言して亡くなられています。

第五福竜丸が浴びた放射性物質とその被害は、映画「ゴジラ」が制作される動機にもなっていますが、オバマ大統領が進めた核軍縮への働き掛けも、政権が代わってどのようになるのでしょうか!?

待てば海路の・・・ [船舶]

船舶(1).JPG
セントレアは伊勢湾に浮かぶ小島ですので、沖を行き交う色々な船を観ることが出来ます[わーい(嬉しい顔)][船]
船舶(2).JPG
これはフェリーですね[るんるん] 苫小牧-仙台-名古屋を結ぶ「太平洋フェリー」かな?!
船舶(3).JPG
これもフェリーのようですが、マークが良く判りません[ちっ(怒った顔)]
船舶(4).JPG
これは貨物船のようですね^^
船舶(5).JPG
「日本郵船」の、大型自動車専門船(トヨタ車かな?!)ではないかと思います[グッド(上向き矢印)]
船舶(6).JPG
何か、大型コンテナのようなものを積んだ貨物船のようです!? コンテナは対岸のビルでした^^;)
船舶(7).JPG
大型タンカーですかね^^;)

『待てば海路の日和あり』とは、「今は状況が悪くとも、あせらずに待っていれば幸運はそのうちにやってくる」ということの例えで、「今は海が荒れても、じっと待っていれば出航にふさわしい日が必ず訪れる」と言うことからきています[ひらめき]

飛行機でビュ~ンと目的地に到着するのも良いけれど、のんびりと“船旅”もしてみたいですね[ハートたち(複数ハート)]
メッセージを送る