So-net無料ブログ作成
名所・旧跡 ブログトップ
前の10件 | -

豊川稲荷参詣 [名所・旧跡]

豊川稲荷(1).JPG
今日の午前中、母を連れて「豊川稲荷」へ参詣に出掛けました[車(セダン)]
豊川稲荷(2).JPG
本殿にお参りする前に
豊川稲荷(3).JPG
お線香を奉納しました[わーい(嬉しい顔)]
豊川稲荷(4).JPG
お狐様[ハートたち(複数ハート)]
豊川稲荷(5).JPG
今日も、観光バス等で訪れた多くの参詣者で賑わっていました[バス]
豊川稲荷(6).JPG
新しくなった「瑞祥殿」です。
豊川稲荷(7).JPG
ライブでもあるのかな[音楽]
豊川稲荷(8).JPG
こちらで、御札をいただいて帰りました[るんるん]

今回の写真は、この間買ったCanon IXY180で撮影しました[カメラ]


nice!(14)  コメント(0) 

洛西竹林公園 [名所・旧跡]

竹林公園(1).JPG
年越しのアップとなってしまいましたが、昨年11月25日(土)~26日(日)で出掛けた写真倶楽部の撮影旅行で、最後に訪れたのは「洛西竹林公園」でした[バス]
竹林公園(2).JPG
北入口から入ります。
竹林公園(3).JPG
キエフ市長入洛記念植竹[グッド(上向き矢印)]
竹林公園(4).JPG
変わった竹ですね[るんるん]
竹林公園(5).JPG
キッコウチク!?
竹林公園(6).JPG
確かに、亀の甲に似ていますね(^^;;
竹林公園(7).JPG
建物が見えてきました[目]
竹林公園(8).JPG
庭園が広がっています。
竹林公園(9).JPG
紅葉が綺麗ですね[揺れるハート]
竹林公園(10).JPG
金魚が泳いでいます[かわいい]
竹林公園(11).JPG
橋を渡って、北側へとやってきました。
竹林公園(12).JPG
竹林の小径を進みます。
竹林公園(13).JPG
東屋があります。
竹林公園(14).JPG
「生態園」とのこと!?
竹林公園(15).JPG
再び”竹林の小径”を…
竹林公園(16).JPG
「竹の資料館」に戻ってきました^^
竹林公園(17).JPG
京都で初めて走った市電かな?!
竹林公園(18).JPG
エジソンが発明した電球には、京都の竹で作ったフィラメントが使われていましたね[ひらめき]
竹林公園(19).JPG
洛西の風景です[カメラ]
竹林公園(20).JPG
資料館の東側の道を下ります[あせあせ(飛び散る汗)]
竹林公園(21).JPG
先程渡った「百々橋」ですね^^;)
竹林公園(22).JPG
更に道を下って行くと
竹林公園(23).JPG
池の脇の紅葉が綺麗でした!!
竹林公園(24).JPG
南入口に出ました。
竹林公園(25).JPG
今度は“上り坂”です[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
竹林公園(26).JPG
「こどもの広場」かな?!
竹林公園(27).JPG
北側へ下る道です。
竹林公園(28).JPG
これは、東側へ向かう道です。
竹林公園(29).JPG
先程行きそびれた「石造物」が、竹林公園の北側の道から見えました[目]竹林公園(30).JPG
向う側が、庭園のあった場所かな?!
竹林公園(31).JPG
駐車場のある「北入口」へと向かいます。
竹林公園(32).JPG
向うから、軽自動車がやってきました[車(RV)]
<おまけ>
物集女支店.JPG
京都信用金庫物集女(もずめ)支店[銀行]

「物集女」は京都府向日市にある地区名で、その語源については「河内国大鳥郡の百舌鳥(もず)に勢力をもっていた一族が、この地に移り住んだ」といった説があるそうです[exclamation&question]
                         <Wikipediaより抜粋>
nice!(18)  コメント(1) 

正法寺 [名所・旧跡]

正法寺(1).JPG
大原野神社から、赤い橋に誘われて「正法寺」へと向かいました[わーい(嬉しい顔)]
正法寺(2).JPG
この風景、好きです[るんるん]
正法寺(3).JPG
二重の塔が見えます[目]
正法寺(4).JPG
緑から、黄色を経て赤に変わるグラデーションが良いですね[グッド(上向き矢印)]
正法寺(5).JPG
坂道を登ります[あせあせ(飛び散る汗)]
正法寺(6).JPG
春日不動尊!?
正法寺(7).JPG
先程見えたのは、この塔だったのですね[揺れるハート]
正法寺(8).JPG
仁王象の後ろが燃えています(^^;;
正法寺(9).JPG
歩いて来た道です。
正法寺(10).JPG
一口に“赤”と言っても、色々にありますね[アート]
正法寺(11).JPG
奥は本堂でしょうか?
正法寺(12).JPG
戻ります。
正法寺(13).JPG
再び、二重の塔が見えてきました^^
正法寺(14).JPG
赤い橋です。
正法寺(15).JPG
長閑な田園風景が広がっていました[ハートたち(複数ハート)]

最後に立ち寄った「洛西竹林公園」は、年明けのアップとなりますm(_ _)m
nice!(14)  コメント(0) 

大原野神社 [名所・旧跡]

大原野神社(1).JPG
玉雲寺を出て向かった先は、紅葉の名所である「大原野神社」です[わーい(嬉しい顔)]
大原野神社(2).JPG
紅葉のトンネルが続きます[グッド(上向き矢印)]
大原野神社(3).JPG
鳥居の脇の紅葉も綺麗です[るんるん]
大原野神社(4).JPG
参道を進みます[あせあせ(飛び散る汗)]
大原野神社(5).JPG
右手に見えるのは
大原野神社(6).JPG
お茶屋さんです[喫茶店]
大原野神社(7).JPG
お茶屋さんから望む池
大原野神社(8).JPG
燈籠越しに
大原野神社(9).JPG
赤い橋が見えます[目]
大原野神社(10).JPG
本殿前の紅葉
大原野神社(11).JPG
しだれ桜かな?!
大原野神社(12).JPG
御手洗所に鹿が…
大原野神社(13).JPG
本殿にお参りします。
大原野神社(14).JPG
本殿脇の紅葉
大原野神社(15).JPG
"七五三祝い"の家族連れも見掛けられました[ハートたち(複数ハート)]
大原野神社(16).JPG
鹿の目が…^^;)
大原野神社(17).JPG
本殿前の駐車場脇
大原野神社(18).JPG
再び池へ
大原野神社(19).JPG
祠に祀られているのは「弁財天」かな?!
大原野神社(20).JPG
先輩ご夫婦の仲睦まじい姿が[ムード]
大原野神社(21).JPG
背景をぼかして[カメラ]
大原野神社(22).JPG
池の反対側から"お茶屋"を望む
大原野神社(23).JPG
紅葉のトンネルを戻ります[あせあせ(飛び散る汗)]
大原野神社(24).JPG
♪たんたんタヌキの…
大原野神社(25).JPG
観光バスツアーの参拝客が多かったですね[バス]
大原野神社(26).JPG
源氏物語の作者紫式部は大原野神社を氏神と崇め、この大原野の地をこよなく愛していたそうです[揺れるハート]
nice!(18)  コメント(0) 

玉雲寺 [名所・旧跡]

玉雲寺(1).JPG
琴滝と京都縦貫道丹波インターの間にある「玉雲寺」に立ち寄ってみました[わーい(嬉しい顔)]
玉雲寺(2).JPG
この日は、檀家の人達が境内の清掃を行っていました!!
玉雲寺(3).JPG
石段を登ります[あせあせ(飛び散る汗)]
玉雲寺(5).JPG
立派な扁額です[るんるん]
玉雲寺(6).JPG
本堂かな?!
玉雲寺(7).JPG
向うは庫裡でしょうか^^;)
玉雲寺(8).JPG
楼門
玉雲寺(9).JPG
鐘楼
玉雲寺(10).JPG
方丈からの借景
玉雲寺(11).JPG
唐獅子と象の彫刻も素晴らしいです[るんるん]
玉雲寺(12).JPG
方丈
玉雲寺(13).JPG
楼門越しの風景[カメラ]
玉雲寺(14).JPG
恒例となりました、真っ直ぐな杉と紅葉(^^;;
玉雲寺(15).JPG
落ち葉を掃き集めるのが大変そうですね[ふらふら]
玉雲寺(16).JPG
応永22(1416)年の開山ですが、天正7(1579)年に明智光秀の市森城攻撃があり、その兵火で寺の建物宝物等が殆ど焼失したそうです。従って現在の境内・本堂・庫裏は、翌年の天正8(1580)に光秀により再興されたとのことです[ハートたち(複数ハート)]
玉雲寺(17).JPG
前の道へ出て
玉雲寺(18).JPG
空き地の方に下りてみました^^
玉雲寺(19).JPG
長閑な山間の風景です[揺れるハート]


nice!(14)  コメント(1) 

琴滝 [名所・旧跡]

琴滝(1).JPG
またまた京都撮影会の続きです[わーい(嬉しい顔)] 翌朝に花丘センターを出発して向かった先は、京都縦貫道“丹波インター”の近くにある「琴滝」です[バス]
琴滝(2).JPG
トイレの屋根が苔むしています^^;)
琴滝(3).JPG
山道を進みます[あせあせ(飛び散る汗)]
琴滝(4).JPG
枯れ枝が“龍の頭"のように見えますね[るんるん]
琴滝(5).JPG
鳥獣の供養塔だったかな?!
琴滝(6).JPG
山の紅葉はもう終盤のようです[がく~(落胆した顔)]
琴滝(7).JPG
滝が見えてきました[目]
琴滝(8).JPG
滝の上部をズームアップ[カメラ]
琴滝(9).JPG
落差43mのようです[グッド(上向き矢印)]
琴滝(10).JPG
流れ落ちる水が”13弦の琴糸”のように美しいことから、そう名付けられたようです[ハートたち(複数ハート)]
琴滝(11).JPG
「御珍木」…(^^;;
琴滝(12).JPG
小さな滝が
琴滝(13).JPG
コチラにも
琴滝(14).JPG
真っ直ぐな杉の木と紅葉
琴滝(15).JPG
シャッタースピード遅くして、水の流れを止めてみました[時計]


nice!(9)  コメント(1) 

西山 善峯寺(よしみねでら) [名所・旧跡]

善峯寺(1).JPG
"京都撮影旅行"の続きです(^^;;
「金蔵寺」の次に向かった先は「西山 善峯寺」でした[バス]



善峯寺(2).JPG
此処も“燃えて”いますね~[グッド(上向き矢印)]
善峯寺(3).JPG
山門脇の茶店
善峯寺(4).JPG
山門を潜って境内に入ります。
善峯寺(5).JPG
溝の落葉も綺麗ですね[るんるん]
善峯寺(6).JPG
観音堂
善峯寺(7).JPG
観音堂脇の紅葉
善峯寺(8).JPG
弘法大師が焔に包まれています^^;)
善峯寺(9).JPG
紅葉のトンネル[揺れるハート]
善峯寺(10).JPG
多宝塔脇の紅葉(1)
善峯寺(11).JPG
天然記念物「遊龍の松」
善峯寺(12).JPG
多宝塔脇の紅葉(2)
善峯寺(13).JPG
京都市街が一望出来ます[目]
善峯寺(14).JPG
開山堂脇の紅葉
善峯寺(15).JPG
北門方面
善峯寺(16).JPG
釈迦堂方面
善峯寺(17).JPG
鎮守社へ登る坂道
善峯寺(18).JPG
奥は“経堂”かな?!
善峯寺(19).JPG
“経堂”ですね!!
善峯寺(20).JPG
奥は観音堂です^^
善峯寺(21).JPG
釈迦堂へ向かいます。
善峯寺(22).JPG
石段を登ります[あせあせ(飛び散る汗)]
善峯寺(23).JPG
御手洗所脇の紅葉
善峯寺(24).JPG
奥の方からの眺め
善峯寺(25).JPG
妙齢の女性が、写真を撮っていました[カメラ]
善峯寺(26).JPG
釈迦堂
善峯寺(27).JPG
善峯寺(28).JPG
開山堂(奥)と幸福地蔵が見下ろせます[目]
善峯寺(29).JPG
奥に見えるのは北門ですね!?
善峯寺(30).JPG
善峯寺(31).JPG
北門から下ります。
善峯寺(32).JPG
山茶花かな?!
善峯寺(33).JPG
通用、参詣客が通らない道を来てしまいました^^;)
善峯寺(34).JPG
山門に戻ってきました。
善峯寺(35).JPG
駐車場へ戻ります[駐車場]
善峯寺(36).JPG
深まりゆく秋を感じさせる、山の木々ですね[揺れるハート]
nice!(13)  コメント(1) 

金蔵寺 [名所・旧跡]

金蔵寺(1).JPG
「龍穏寺」を出て、次に向かった先は「金蔵寺」です[バス]

所在地:京都市西京区大原野石作町1639-11
金蔵寺(2).JPG
門番のタヌキが
金蔵寺(3).JPG
入山・拝観の志納料(1人300円)をお願いしていますm(_ _)m
金蔵寺(4).JPG
石段の上に、紅葉のトンネルが広がります[わーい(嬉しい顔)]
金蔵寺(5).JPG
石段脇の"お手洗い"です[トイレ]
金蔵寺(6).JPG
山門脇の紅葉
金蔵寺(7).JPG
石段の上には落ち葉が…
金蔵寺(8).JPG
石段を上がった所の紅葉も綺麗です[るんるん]
金蔵寺(9).JPG
何のお堂かな?!
金蔵寺(10).JPG
石段の上から
金蔵寺(11).JPG
干し柿が吊るされています^^
金蔵寺(12).JPG
更に、急な石段が続いています[あせあせ(飛び散る汗)]
金蔵寺(13).JPG
干し柿の裏の紅葉
金蔵寺(14).JPG
苔玉[かわいい]
金蔵寺(15).JPG
鐘楼
金蔵寺(16).JPG
カラス瓜かな?!
金蔵寺(17).JPG
方丈のようですね^^;)
金蔵寺(18).JPG
方丈の裏山の紅葉
金蔵寺(19).JPG
黄色から赤へのグラデーションが綺麗です!!
金蔵寺(20).JPG
燃えるような赤
金蔵寺(21).JPG
金蔵寺(22).JPG
タヌキのカップル[ムード]
金蔵寺(23).JPG
後ろの“千両箱”が気になります(^^;;
金蔵寺(24).JPG
山茶花かな?!
金蔵寺(25).JPG
諸先輩方は
金蔵寺(26).JPG
撮影に夢中です[カメラ]
金蔵寺(27).JPG
鬼瓦
金蔵寺(28).JPG
唐獅子のようにも見えます[かわいい]
金蔵寺(29).JPG
狛犬が置かれているから“神社”かな?!
金蔵寺(30).JPG
その神社の前にある紅葉
金蔵寺(31).JPG
山門脇にある朽ちた家屋
金蔵寺(32).JPG
狭い道を頑張ってくれた、運転手さんに感謝感謝…<(_ _)>
nice!(16)  コメント(1) 

龍穏寺 [名所・旧跡]

龍穏寺(1).JPG
先週の土曜日(11月25日)に、写真倶楽部の撮影旅行で行った「龍穏寺」です[バス]


こんな所にあります(^^;;
龍穏寺(2).JPG
園部(京都府南丹市)の隠れた紅葉の名所とのこと[わーい(嬉しい顔)]
龍穏寺(3).JPG
東屋が良い感じを出しています[るんるん]
龍穏寺(4).JPG
落ち葉も素敵です!!
龍穏寺(5).JPG
龍穏寺(6).JPG
アップで
龍穏寺(7).JPG
水面に映る紅葉も綺麗です[グッド(上向き矢印)]
龍穏寺(8).JPG
誰か置いたのかな?!
龍穏寺(9).JPG
池の奥の紅葉です。
龍穏寺(10).JPG
龍穏寺(11).JPG
幹が苔むしています^^
注)「苔」の語源は、“木の毛”と言う説がありますね!?
龍穏寺(12).JPG
池の裏側から
龍穏寺(13).JPG
杉の木と紅葉
龍穏寺(14).JPG
立派な「本堂」です[揺れるハート]
龍穏寺(15).JPG
山門を“額縁”にして[カメラ]
龍穏寺(16).JPG
この日の最低気温は-1℃でした(>_<)
龍穏寺(17).JPG
扁額
龍穏寺(18).JPG
鐘楼
龍穏寺(19).JPG
お顔が“宇宙人”のようなお地蔵様ですね^^;)
龍穏寺(20).JPG
山門の所から
龍穏寺(21).JPG
龍穏寺(22).JPG
山門
龍穏寺(23).JPG
落ち葉を
龍穏寺(24).JPG
スコップの“柄の部分”に置いたのは私です^^;)
龍穏寺(25).JPG
瓦の苔の上にも落ち葉が…
龍穏寺(26).JPG
「石龍宝」?!
龍穏寺(27).JPG
畑には霜が降りていました[がく~(落胆した顔)]
龍穏寺(28)].JPG
石段
龍穏寺(30).JPG
青空の中を“白い機体”が…[飛行機]
龍穏寺(31).JPG
畑の東側から
龍穏寺(32).JPG
長閑な田園風景の中にあるお寺でした[ハートたち(複数ハート)]
nice!(18)  コメント(0) 

岩村散策 [名所・旧跡]

岩村(1).JPG
近くにある「馬籠」や「妻籠」を思わせる街並みですね[わーい(嬉しい顔)]
岩村(2).JPG
若いお嬢さん達が、古風な着物をお召しになって歩いています[かわいい]
岩村醸造(1).JPG
岩村醸造さん
岩村醸造(2).JPG
銘酒「女城主」が有名です[るんるん]
岩村醸造(3).JPG
大きな杉玉
岩村醸造(4).JPG
中庭が素敵です[ハートたち(複数ハート)]
岩村醸造(5).JPG
岐阜県名水50選に選ばれた清水とのこと!?
岩村醸造(6).JPG
懐かしい"昭和の茶の間”です(^^;;
時計屋.JPG
時計屋さんのショーウインドー[時計]
松浦軒本店.JPG
古風そのままの秘法を守ったカステーラで有名な「松浦軒本店」さん[揺れるハート]
鳥兵.JPG
昨年、法事の予約が入っていて食事が叶わなかった「鳥兵」さん[ふらふら]
nice!(13)  コメント(0) 
前の10件 | - 名所・旧跡 ブログトップ
メッセージを送る