So-net無料ブログ作成
検索選択

そのひぐらしレコード発売記念ライブ [音楽]

レコ発ライブ(1).JPG
昨日の夕方6:30~ライブハウスUHUで開催された、そのひぐらしレコード発売記念ライブ「初夜 楽団」を楽しんできました[わーい(嬉しい顔)]
レコ発ライブ(2).JPG
MCはベース担当の原口正樹さんで
レコ発ライブ(3).JPG
DEB DYLAN&ケイスケさんの“にわかユニット(?)”によるライブからスタートしました[グッド(上向き矢印)]
レコ発ライブ(4).JPG
続いては安兵衛さん…この方は、しぞーかの吟遊詩人ですね(^^;;
レコ発ライブ(5).JPG
お待ちかねの“そのひぐらしライブ”は、アルバムの1曲目にも収録されている「そのひぐらしのテーマ~We are Sonohigurashi the band」から始まり
レコ発ライブ(6).JPG
ヴォーカルの熊井 丈さんが眼鏡とピックを振り飛ばしながら、終いにはギターの第5弦(だったかな?!)を切るとハプニングに見舞われながらも、アンコール(3曲)も含めて“全18曲”を熱唱しました[るんるん]
レコ発ライブ(7).JPG
勿論、アルバム「初夜楽団(税込2,000円)」も購入して
レコ発ライブ(8).JPG
メンバー全員のサインも貰いましたよ[ハートたち(複数ハート)]

このアルバムを引っ提げて“旅に出る”とのことですが、メジャーデビューを目指して活躍されることを期待します[揺れるハート]

注)ジャケットデザインは、ギターの杉山玲央奈さんのご友人の画家さんによるものだそうです(^_^)v

SUNDAY AFTERNOON LIVE@BROWN SUGAR [音楽]

BROWN SUGAR.JPG
今日の午後、静岡市葵区人宿町にあるBROWN SUGARさんで開催された、DEB DYLAN主催の「SUNDAY AFTERNOON LIVE」に出掛けました[わーい(嬉しい顔)]
DEB DYLAN.JPG
ちょっと遅れて行ったため、DEB DYLANの演奏は途中から拝聴することになりましたが
そのひぐらし(1).JPG
続いては、「そのひぐらし」の登場です[グッド(上向き矢印)]
そのひぐらし(2).JPG
熊井さん(Vo.Gt)のMCは面白くないという事で、途中から岡嵜さん(Ds)がMCを始めましたが、何と大腸カメラを受診した時の話で、麻酔薬を塗布するため手袋をした看護師さんに“お尻の穴の処女”を奪われたそうです(^^;;
そのひぐらし(3).JPG
4月16日(日)にニューアルバムをリリースするとのことで、当日UHUさんにてライブも予定されていますので、宜しくお願いしますとのことでした[るんるん]
BOSS&THE WAILERS(1).JPG
その次は、今回私が初めて拝聴する「BOSS & THE WAILERS」です[揺れるハート]
BOSS&THE WAILERS(2).JPG
ベテランの貫禄たっぷりに、ブルースを中心とした演奏をみせてくれました[ハートたち(複数ハート)]

PCMレコーダーの電池切れで1曲半しか録音出来ませんが、BOSS & THE WAILERSの
グルービーな演奏をお楽しみください[音楽]

「BROWN SUGAR」…ローリングストーンズの名曲から名付けられたそうですが、ちょっとエッチな意味で"黒人の女の子"のことですよね[かわいい]

前に勤めていた会社で、元船員の方と一緒に仕事をしていた時に聞いた話ですが、その方は“世界各地の港で女を抱いた”そうで、黒人女性が一番“アソコが臭かった”と…^^;)

モリクン&泥酔爺 VS atomicfarm ツーマンライブ [音楽]

atomicfarm(1).JPG
今日の午後3時からロック喫茶「マキタさんとミッちゃんトコ」で開催された、モリクン&泥酔爺 VS atomicfarmのツーマンライブ行ってきました[わーい(嬉しい顔)]
オープニングはatomicfarmの演奏からで、前アルバム『原子力牧場の世界』から「ふるさと」、そして新アルバム『宇宙塵』から「きみをかいたい」だったと思います[るんるん]
atomicfarm(2).JPG
もよぽんの、花びらを散らしたようなメイクが可愛いです[かわいい]
atomicfarm(3).JPG
“神が降臨した”とたつなりさんが評したように
atomicfarm(4).JPG
もたんのギターのグルーブ感が心地良くて、不覚ながら“寝落ち”してしまいました[眠い(睡眠)]
atomicfarm(5).JPG
ベースを置いてパーカッションを手にしたもよぽん
atomicfarm(6).JPG
こんな所からシャウトしています(^^;;
atomicfarm(7).JPG
Facebookで練習風景を公開していた楽器も…
モリクン&泥酔爺(1).JPG
モリクンは、ヒョウ柄のコートで登場[グッド(上向き矢印)]
モリクン&泥酔爺(2).JPG
泥酔爺(デキシ―)との素晴らしいセッションを見せてくれました!!
モリクン&泥酔爺(3).JPG
ギターのケイスケさんとの息もぴったり[揺れるハート]
モリクン&泥酔爺(4).JPG
アンコール曲は、ビートルズの「I saw her standing there」でした[ハートたち(複数ハート)]

久しぶりに、楽しい時間を過ごさせていただきました(^_^)v
モリクン&泥酔爺、atomicfarm、最高です!!

Sunday Afternoon LIVE@ALL BLUES [音楽]

SA_LIVE(1).JPG
今日の午後、DEB DYLANさん主催の「Sunday Afternoon LIVE at ALL BLUES(13:30~17:00)」に出掛けてきました[わーい(嬉しい顔)]
SA_LIVE(2).JPG
最初のステージは、富士市を中心に"ライオンズ"で活躍されているギタリストの神谷さんが、カホンのひとみさんとのユニット”秀樹とひとみ”で登場です[グッド(上向き矢印)]
「ピンク・パンサーのテーマ」他のインストルメンタルを3曲ほど演奏した後
SA_LIVE(3).JPG
自称"秀樹とひとみのマネージャー"のチャーリーさんが加わり、「黒の舟歌」や「朝日の当たる家」を熱唱…バリトンのチャーリーさんの方が、ひとみさんより高い声でハモっていたのが印象的でした(^^;;
SA_LIVE(4).JPG
続いて、SEANさんが繊細なギターと美しいヴォーカルで60'~70'の楽曲を披露した後
SA_LIVE(5).JPG
十数年前にユニットを組んでいたDEB DYLANさんのヴォーカルで、得意の「アクロス・ザ・ユニバース」や「オール・ニード・イズ・ラブ」を熱唱しました!!
SA_LIVE(6).JPG
お待ちかね、我らがDEB DYLANさんの登場です[揺れるハート]
SA_LIVE(7).JPG
ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した話題も出ましたが、残念ながら今回ボブ・ディランの曲は歌わず、ボブ・マーリーの「ノーウーマン、ノークライ」やボブ・ディランもカヴァーしたウディ・ガスリーの「我が祖国」を歌われましたね[がく~(落胆した顔)]
SA_LIVE(8).JPG
AKANEさんは、ALL BLUESのマスター高橋さんのギターで
SA_LIVE(9).JPG
オリジナル曲を中心に、「オーバー・ザ・レインボウ」なども歌われましたが
SA_LIVE(10).JPG
AKANEさんの英語の発音がキレイなのは、お父様の仕事の関係で"海外生活が長かった"とのことでした[ハートたち(複数ハート)]
SA_LIVE(11).JPG
最後は、そのひぐらしさんのオンステージでした[るんるん]
SA_LIVE(12).JPG
凄く息の合った、素晴らしい演奏を見せてくれました[グッド(上向き矢印)]
SA_LIVE(13).JPG
「命のアルバム」や「警鐘」などの素晴らしい作詞を手掛けられているドラムの岡嵜さんは、現在”ギランバレー症候群”と戦っていて、左手の指先がペットボトルのキャップも開けられないほどとのことでしたが、懸命にドラムを叩いている姿が健気でした[ハートたち(複数ハート)]
SA_LIVE(14).JPG
眼鏡を飛ばす程に"首(頭)を振る"ヴォーカルの熊井さん、でも彼の歌声は素晴らしい[exclamation×2]

アンコールに応えてくれた1曲を、少しだけ動画にしてみました[映画]



茶果菜(ちゃかな) [音楽]

茶果菜(1).JPG
昨日(9月25日)、キングレコードからCDデビューした「茶果菜」[ハートたち(複数ハート)]
茶果菜(2).JPG
彼女達は
茶果菜(3).JPG
JAおおいがわの
茶果菜(4).JPG
農産物をPRするために
茶果菜(5).JPG
結成されたユニットです[グッド(上向き矢印)]
茶果菜(6).JPG
仕掛人(プロデュース)はこの方!!
茶果菜(7).JPG
「メリー・ジェーン」のヒットで有名なつのだ☆ひろ氏で、彼女達のデビュー曲の作詞作曲も手掛けています[るんるん]
茶果菜(8).JPG
振付指導は
茶果菜(9).JPG
かつて「レッツゴーヤング(NHK)」「夕やけニャンニャン(フジテレビ)」や
茶果菜(10).JPG
「クイズ!ヘキサゴンⅡ」などの番組で振り付けを担当された三浦 亨氏とのこと[揺れるハート]
二人の指導のもとに約6ヶ月のレッスンを経て、この日のデビューに至ったそうです(*^^*)
茶果菜(11).JPG
この日は午前中(10:10~10:30頃)に、「ジモト発見伝~いーらフジエダ!!(藤枝小学校)」でライブを行った後に
茶果菜(12).JPG
この「静浜基地航空祭2016(12:10~12:40頃)」にやってきたようです!?
茶果菜(13).JPG
既に親衛隊(追っかけ)も存在するようで、"ど太い声援"が飛び交っていました(^^;;
茶果菜(14).JPG
ライブ終了後は、特設コーナーでCDやタオル等の販売と共に
茶果菜(15).JPG
地元JAおおいがわのお茶(藤枝茶、島田茶、川根茶)のPRをしていました(^_^)v

詳しくは、コチラのHPで…http://ooigawa.ja-shizuoka.or.jp/prunit/




ウィスキー THE NIGHT VOL.2 [音楽]

ウィスキー the night Vol.2.JPG
土曜日の夕方、ライブハウスUHUで開催された"ウィスキー山崎"さんpresents「ウィスキー the night vol.2」にお邪魔しました[わーい(嬉しい顔)]
考え中(1).JPG
トップバッターは、ウィスキー山崎さんの小学校の同級生である、神さん率いるJAZZ&ファンクバンド「考え中」でした[グッド(上向き矢印)]
考え中(2).JPG
実に23年ぶりとなるお父さんのステージを観ようと、お美しい奥様と可愛いお嬢さんがお二人お見えになっていました[るんるん]
DEB DYLAN.JPG
続いては、仕事の都合でちょっと遅れて来た我らがDEB DYLAN[揺れるハート]
途中でギターの弦が1本切れたのにも関わらす、熱いステージを見せてくれました[ハートたち(複数ハート)]
ツーフィンガー(1).JPG
いよいよ、ウィスキー山崎さん率いる「ツーフィンガー」の登場です!!
ツーフィンガー(2).JPG
70年代のヒット曲から
ツーフィンガー(3).JPG
「時間よ止まれ」「サクセス」「宿無し」「ダーリン」等を楽しませてくれました[exclamation×2]
五百や商事(1).JPG
ようこ社長率いる「五百や商事(いおやしょうじ)」は
五百や商事(2).JPG
全員お揃いの“OLルック”に身を包み、LINDBERGの「今すぐkiss me」などのを演してくれましたが、諸事情により彼女達のステージが終了した時点でUHUを後にしました(^^;;
9月17日の満月.JPG
家に着いた頃、雲の合間から“満月”が顔を覗かせていました[満月]

ベストアルバムとワーストアルバム [音楽]

Do My BestⅡ.JPG
9月7日(水)にリリースされた、岡村孝子さんのソロデビュー30周年を記念したベストアルバム『DO MY BEST Ⅱ』です[わーい(嬉しい顔)]
「未知標」「美辞麗句」「今日も眠れない」そして「夢をあきらめないで2011」等々、岡村さんの名曲が散りばめられていて、爽やかな歌声に癒されます[グッド(上向き矢印)]
御乱心.JPG
こちらは本日9月14日リリースの、さだまさしさんの550曲ある楽曲の中から、「ねこ背のたぬき」「シラミ騒動組曲」「時代はずれ」「関白失脚2016~父さんと閑古鳥 編~」など、全11曲の“面白い歌”を集めたオールタイムワーストアルバム「御乱心」です。

実はこの二人、妙な“師弟関係”にあるんですよね[るんるん]

夢供養.JPG
岡村さんが「待つわ」でデビューした時のデュオ名"あみん"は、さださんの4枚目のソロアルバム『夢供養』に収録されている「パンプキンパイとシナモンティー」という曲の中に登場する、36歳独身でお人よしのマスターが経営するコーヒーベーカリー「安眠(あみん)」から名付けられいるんです[揺れるハート]

そんな関係で、今回の岡村さんのベストアルバムDISC2の1曲目に収録されている、“老い”をテーマにした「銀色の少女」の作詞はさだまさしさんなのですね[ハートたち(複数ハート)]

村騒動<第1弾>に参戦^^;) [音楽]

村騒動(1).JPG
昨日の午後から、静岡市葵区七間町にあるライブハウスUHU(ウーフー)さんで開催された、10時間ぶっ通しライブ『村騒動<第1弾>』に参戦してきました[わーい(嬉しい顔)]
午前中が総合防災訓練だったので、お昼を食べてから13:09東名大井川バス停(我が家から歩いて5分)発の静鉄ジャストライン新静岡行に乗ったのですが、会場に着いた時には4番目のアーティスト古庄由喜子&鈴木英敬さんが、ブレッドの「イフ」を美しい音色のオカリナとギターで演奏されていました[グッド(上向き矢印)]
村騒動(2).JPG
続いては、浜松市から駆け付けてくれた中学生のオリジナルロックバンド「KID'A」で、"栴檀は双葉より芳し"と言うか、天才とはこんな子たちのことを言うのだと思えるほど、未だ幼さの残る可愛い顔で凄いことを平然とやってくれる素晴らしいバンドでした!!
オジサンは、唯々圧倒されるばかりでした(^^;;
村騒動(3).JPG
横浜からやってきた「完全5度」は、ちょっと天然でケラケラと良く笑うヴォーカル&ギターのお姉さんが印象的でした[るんるん]
村騒動(4).JPG
植松則之さんのフラメンコ・ギター、もう“素晴らしい”の一言に尽きます[ハートたち(複数ハート)]
村騒動(5).JPG
東京からやってきた足立龍一さんは、イケメンの爽やかな兄ちゃんでした[揺れるハート]
村騒動(6).JPG
45分の休憩を挟んで、ツーフィンガーズが登場。それぞれ、お酒に因んだリングネーム(?)が付けられていましたが、ドラムスのお兄さんは藤枝の銘酒「志太泉」が…
村騒動(7).JPG
名古屋からやってきたw★wild(ワイルドワイルド)は、レッドツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」他を、気持ち良くシャウトしてくれました^^
村騒動(8).JPG
いよいよ、世界のDEB DYLANの登場です[exclamation×2]
村騒動(9).JPG
タツノリ(元ピンボールのヴォーカリスト)さんも絶賛していますが、相変わらず爽やかで素晴らしい歌声を聞かせてくれました(^_^)v
村騒動(10).JPG
いよいよ、今回のスペシャルゲストであるUKO SAXYさんの登場です[キスマーク]
村騒動(11).JPG
昨年10月に演奏を聞かせて貰った時よりも、更にお美しくなられたような気がします!?
村騒動(12).JPG
途中で上着を脱いで、6月9日にリリースされたニューアルバムから数曲を演奏してくれましたが、特に愛媛県松山市をイメージしてUKOさんが作曲された「華夢(come)」が素晴らしかったです[ハートたち(複数ハート)]
村騒動(13).JPG
ウイスキー山崎&ミッチー feat 平賀さん…ツイストの「宿無し」素敵でしたよ!!
村騒動(14).JPG
atomicfarm…今宵も、もよぽんのフレットレスベースと森さんのギターが冴え渡りましたが、モヒカン頭のお兄さんのドラムスも良かったですよ^^;)
村騒動(15).JPG
「そのひぐらし」の演奏を初めて耳にしましたが、息の合った演奏はトップクラスで、リバプールのキャヴァンクラブで夜な夜な演奏していたビートルズは、こんな感じだったのだろうなと思わせる素晴らしいバンドでした[グッド(上向き矢印)]

ここで、帰りのバスの時間が迫ってきたのでUHUを後にしましたが、実質7時間は皆さんの素晴らし演奏を聴いていたことになるのかな[音楽]

ねがい [音楽]

南こうせつ.JPG
2016年4月に発生した熊本地震の被災地の復興を願い、南こうせつさんの呼びかけで集まった九州・沖縄出身のアーティスト達が開催したチャリティーコンサート「熊本地震復興チャリティーコンサート ~九州がんばれ!~」が、昨夜22:50~0:20にNHK BSプレミアムで放送されていました[TV][音楽]

【出演者】
海援隊、コロッケ、さだまさし、サラ・オレイン、秦 基博、ひめ風(伊勢正三・南こうせつ)、BEGIN、南こうせつ、若旦那              <50音順、敬称略>

写真のアルバム『ねがい』は、解体業を営む友人(個人経営)から貰った(古いLPが出てきたら譲って欲しいと依頼してあった)数枚のLPレコードの内の1枚で、かぐや姫解散後に日本クラウンレコードから1976年3月5日にリリースされた“ソロ2枚目のアルバム”です[わーい(嬉しい顔)]
先行シングルとして、1976年2月10日にリリースされヒットした「今日は雨」が、B面2曲目に収録されています[グッド(上向き矢印)]

 ♪国道沿いの二階の部屋では 目覚めるときに天気がわかる~

学生時代、下宿先の隣の部屋のYさん(鹿児島出身)がラジカセで良く聴いていた曲のひとつで、国道沿いの二階の部屋ではありませんでしたが、この曲を聞くと”雨の朝に目覚めた時の、もの悲しいような記憶”が脳裏に蘇ってきます(^^;;

熊本地震の発生から既に4ヶ月近くが経過し、最近はテレビ等でも報道されなくなっていますが、被災地では不自由な避難生活を余儀なくされている方が多いのではないかと思います。
一日も早い復興を祈ると共に、昨夜のチャリティーライブでのBEGINの比嘉栄昇さんの言葉を借りるならば、「神様も、もうちょっと頑張ってよ!!」と願わざるを得ませんね[exclamation&question]

マジック・タウン~ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ Vol.1 [音楽]

マジック・タウン.JPG
日曜午後のFM音楽番組、『山下達郎のサンデー・ソングブック』の先週と今週の2回に渡って特集された、「ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ Vol.1」を買ってみました[音楽]
ワーナー、リプリーズ、アトランティック、エレクトラに加え英国EMI、ルーレット系レーベルなど、現在ワーナーミュージック・グループが所有する“無名ながら現在においても鑑賞に堪えうる良質の60sポップス”の詰め合わせCDで、日本発・世界初CD化曲が満載の1枚です[グッド(上向き矢印)]

達郎さんもおっしゃっていましたが、ハイレゾがもてはやされる現在、2016年デジタル・リマスタリングでCD化されたとしても、レコードの溝に刻まれた音質以上のものは引き出すことが出来ないチープな音源が味わい深く感じるのは、それだけ曲の完成度が高いということなのでしょうか?!
赤や青といった、プラスチックケースのレトロな感じのラジオから、少しノイズ交じりに聴いた方が、より郷愁を感じられるかも知れませんね[揺れるハート]
メッセージを送る