So-net無料ブログ作成
検索選択

48年ぶりの上野動物園 <後編> [動物]

上野動物園(41).JPG
「アグー豚」もお昼寝中[眠い(睡眠)]
上野動物園(42).JPG
[exclamation&question]
上野動物園(43).JPG
草、美味しいですか?!
上野動物園(44).JPG
TAKE OFFするのかな(^^;;
上野動物園(45).JPG
餌のレベルアップを要求しての"ストライキ中"でしょうか!?
上野動物園(46).JPG
一本足のフラミンゴは…
上野動物園(48).JPG
ミーアキャット?
上野動物園(49).JPG
アルマジロは、かつてチャランゴ(ペルーの弦楽器)のボディに甲羅が使われていました[ふらふら]
上野動物園(50).JPG
黄金バットorバットマン[揺れるハート]
上野動物園(51).JPG
“夜行性の動物”は、暗くて撮影出来ませんでした[カメラ][がく~(落胆した顔)]
上野動物園(52).JPG
コビトカバ…奥の方に居ます^^;)
上野動物園(53).JPG
気持ち良さそう~
上野動物園(54).JPG
カバの頭蓋骨
上野動物園(55).JPG
サイですね!!
上野動物園(56).JPG
シャッタースピードが…[もうやだ~(悲しい顔)]
上野動物園(57).JPG
ハシビロコウ…独特のお顔をされてますね[るんるん]
上野動物園(58).JPG
オカピは、こちらにいらっしゃいました[ハートたち(複数ハート)]

48年ぶりの上野動物園 <前篇> [動物]

上野動物園(1).JPG
カエル、ゾウ、カバ、キツネザル、ウサギ
上野動物園(2).JPG
ホッキョクグマ、ハシビロコウ、タカ、バク、ワニ
上野動物園(3).JPG
小学校の修学旅行以来、実に48年ぶりに上野動物園を訪れました[わーい(嬉しい顔)]
上野動物園(4).JPG
当時は、未だパンダが日本にやって来てなかったですね[ちっ(怒った顔)]
注)パンダは、1972(昭和47)年11月5日に“初来日”したそうです(^^;;
上野動物園(5).JPG
昨日お父さんになったリーリーは、お昼寝中でした[眠い(睡眠)]
上野動物園(6).JPG
メスのシンシンは“産休中”でした[るんるん]
上野動物園(7).JPG
アジアンテイストな建物が…
上野動物園(8).JPG
パオ― <其之壱>
上野動物園(9).JPG
オオワシだったかな?!
上野動物園(10).JPG
この建物は?!
上野動物園(11).JPG
徳川家光公が名付けた「閑々亭」とのこと!!
上野動物園(12).JPG
朱鷺(とき)ですね!?
上野動物園(13).JPG
アクリルの壁がないと、こんな近くには寄れません[ふらふら]
上野動物園(14).JPG
テナガザルだったかな?!
上野動物園(15).JPG
ゴリラは
上野動物園(16).JPG
木の葉をむしっていました^^;)
上野動物園(17).JPG
アオメキバタン(インコ目オウム科)
上野動物園(18).JPG
「PAYA(パヤ)」です[揺れるハート]…静岡の人しか分からないかな?!
上野動物園(19).JPG
翡翠(カワセミ)は育児中なので、このようなシールが貼られているとのこと!?
上野動物園(20).JPG
「PAYA(パヤ)」…正式には、ミナミコアリクイですね[ハートたち(複数ハート)]
上野動物園(21).JPG
マンダム、いや“丹頂”ですね(^^;;
注)男性化粧品「マンダム」の旧社名は“丹頂”だったかな?!
上野動物園(22).JPG
気持ち良さそうにお昼寝中[眠い(睡眠)]
上野動物園(23).JPG
もう一頭は水の中…
上野動物園(24).JPG
上の方に、白熊がいるのが判りますか?!
上野動物園(25).JPG
「鴎外温泉」[いい気分(温泉)]
上野動物園(26).JPG
「サル山」です[exclamation]
上野動物園(27).JPG
ノミを捕って貰っているのかな^^
上野動物園(28).JPG
暑かったので、みんな日陰にいるようです!?
上野動物園(29).JPG
パオ― <其之弐>
上野動物園(30).JPG
ゾウさんの体の仕組み
上野動物園(31).JPG
大きいですね~
上野動物園(32).JPG
汚物も大きいですね~
上野動物園(33).JPG
この子はだあれ…
上野動物園(34).JPG
プレイリードッグ[かわいい]
上野動物園(35).JPG
”イソップ橋”を渡って「西園」へと向かいます[あせあせ(飛び散る汗)]
上野動物園(36).JPG
「上野精養軒」
上野動物園(37).JPG
高層マンション群が見えます[ビル]
上野動物園(38).JPG
池の向こうにいるのは「日本通運(ペリカン)」かな?!
上野動物園(39).JPG
午後の1時を回っていましたので、涼しげなこの場所で
上野動物園(40).JPG
「竹皮パンダ弁当(税込580円)」をいただきました[レストラン]

第41回 さがら草競馬大会 [動物]

さがら草競馬(1).JPG
今日の午後、牧之原市の相良サンビーチで会社された「第41回 さがら草競馬大会」に行ってきました[わーい(嬉しい顔)]
さがら草競馬(2).JPG
私が会場に着いた午後2:30頃には、ポニーの“決勝レース”が始まっていました[るんるん]
さがら草競馬(3).JPG
馬も騎手も可愛いいですね[かわいい]
さがら草競馬(4).JPG
続いては、「中間馬」による決勝レースで
さがら草競馬(5).JPG
女の子の騎手も頑張っていました[揺れるハート]
さがら草競馬(6).JPG
その次は、予選で“2位”だった馬の決勝レースが行われ
さがら草競馬(7).JPG
デッドヒートが繰り広げられていましたが
さがら草競馬(9).JPG
このレースは“コースを3周する”という過酷なもので
さがら草競馬(10).JPG
人馬一体となって
さがら草競馬(11).JPG
走り抜かなければなりません[ふらふら]

では、第3周目の様子を動画でお楽しみください(^_^)v
さがら草競馬(12).JPG
最終レースは、予選で“1位だった馬”による「決勝レース(牧之原市長杯)」
さがら草競馬(13).JPG
このレースも、コースを3周するものですが
さがら草競馬(14).JPG
そこはやはり“予選1位の馬達”だけあって、スピード感が違いましたね(^^;;

これも、第3周目は動画で楽しみくださいね(^_-)
牧之原市観光特派員.JPG
最後に、今年度の「牧之原市観光特派員」の二人を紹介します[ハートたち(複数ハート)]

大井川河口野鳥園 [動物]

野鳥園(1).JPG
久しぶり(1年ぶりくらいかな^^;)に、「大井川河口野鳥園」に出掛けてました[車(セダン)]
野鳥園(2).JPG
カルガモですね(^^;;
野鳥園(3).JPG
クロガモかな?! 足立sunnyさんによると、“オオバン”とのことです(^^;;
野鳥園(4).JPG
野鳥園からも、富士山が良く見えます[目]
野鳥園(5).JPG
急に賑やかくなったと思ったら
野鳥園(6).JPG
みんな“カルガモ達”でした[ちっ(怒った顔)]
野鳥園(7).JPG
羽を広げています[グッド(上向き矢印)]
野鳥園(8).JPG
他の鴨(マガモなど)達は
野鳥園(9).JPG
北の空へ帰っちゃったのかな[がく~(落胆した顔)]
野鳥園(10).JPG
それとも、今年は来なかったのか[もうやだ~(悲しい顔)]
野鳥園(11).JPG
ラジオ体操第一~[るんるん]
野鳥園(12).JPG
おや、ニャンコが[猫]
野鳥園(13).JPG
太陽の塔…
野鳥園(14).JPG
ハンティングに失敗したのかな[ふらふら]
野鳥園(15).JPG
大きな鳥も飛来します[飛行機]
野鳥園(16).JPG
トラさん[かわいい]
野鳥園(17).JPG
コチラのニャンコは
野鳥園(18).JPG
のんびりと日向ぼっこです[晴れ]
野鳥園(19).JPG
誰かを待っているのかな?!
野鳥園(20).JPG
野鳥が描かれた堤防越しの富士山です[カメラ]
野鳥園(21).JPG
この人達の何人かが、ニャンコ達にご飯をあげているのでしょうね[わーい(嬉しい顔)]

日本人と象 [動物]

日本平動物園(5).JPG
昨日(5月26日)、東京都武蔵野市の『井の頭自然文化園』で飼育されていたアジアゾウの「はな子」が、69歳の生涯に幕を閉じたとのことです。ご冥福をお祈りします。
注)写真の象さんは、11年前に日本平動物園(静岡市)で撮影したものです^^;)
象と鯨図屏風.JPG
東京都美術館で開催されていた、『生誕300年記念 若冲展』も盛況の内に幕を閉じたようですが、この「象と鯨図屏風」や
樹花鳥獣図屏風.JPG
「樹花鳥獣図屏風」などで象を描いているものの、果たして若冲は"本物の象"を観たことがあるのでしょうか?!

日本に象がやってきた歴史を調べてみると

1408年 東南アジアから南蛮船に乗って若狭国に上陸。4代将軍足利義持に献上。

1574年 明船が博多に象と虎を持ち込み、翌年にも象1頭が来日。

1597年 マニラ総督から豊臣秀吉に象が贈られる。

1602年 交趾国(こうち、ベトナム)から家康に象が贈られる。

1728年 八代将軍 徳川吉宗の希望により、(中国商人が)ベトナムから番いの象が来日。
    多くの人々の目に触れたのは、この時が初めてとなる。

1813年 セイロン象が来日。ただ幕府老中の評議の結果、その象は送り返される。

1862年 アメリカ船が横浜港に象を持ち込む。翌年、両国で見世物にかけられ興行は
    大ヒット。その後も興行師によって1978年まで全国を巡回し、各地で人気を
    博す。

伊藤若冲は1716年に生まれていますので、1728年の若冲12歳の時に“本物の象”を観たのではないかと推測されます[るんるん]

本丸御殿(1).JPG
本物の象を観た日本人は多かったようですが、幕末までに"本物の虎"を観た日本人は少なかったようで、名古屋城本丸御殿に描かれている虎(複製)も、どうも猫をモデルに描かれているような気がします[ちっ(怒った顔)]
本丸御殿(3).JPG
また豹も描かれていますが、豹は“雌の虎”だと考えられていたようですね(^^;;
だから、女性は"豹柄"を好むのかな⁈

おんまの豆知識 [動物]

おんまの豆知識(1).jpg
「さがら草競馬大会」での会場アナウンスを担当されていた、牧之原市観光協会の小俣お姉様(25年来の知り合い)から、お馬さんの豆知識を集めたリーフレットをいただきましたので、ご紹介させていただきます[わーい(嬉しい顔)]
おんまの豆知識(2).jpg
<人間が馬に乗った理由>
①脚が長く、頭の大きさや首の長さが、人間を乗せる上で絶妙な体型だった。
②従順な性格…馬にもよりますが、性格が合わない人を“馬が合わない”と言いますね[ちっ(怒った顔)]
③走っている時でも背骨がほとんど動かず、呼吸をするとき殆ど胸が膨らまないので
 人間がバランスを取り易く、鞍が着けやすい。
おんまの豆知識(3).jpg
【馬とインフルエンザ】
人間の場合と同じ。空気感染で伝染力も強く、発熱・呼吸器障害を引き起こす。
過去にインフルエンザの大流行があり、以降年2回のワクチン接種を行った結果、再びインフルエンザが流行することはなくなったとのこと[揺れるハート]
【馬の嗅覚】
人間の1千倍の嗅覚を持つと言われる。これは犬や猫のそれには劣るものの、馬の場合は特殊で、匂いから感情まで読み取るという[グッド(上向き矢印)]
【馬の心肺機能】
・効率的にガス交換が可能な構造
・人間の心臓は握り拳くらいの大きさだが、競走馬の心臓はその16倍もの大きさ
・安静時の心拍数は30~35回/分で、レース中には230~240回へと激変する。
・馬の血圧は最高100~130、最低70~90で人と同じだが、疾走時には200以上になる。
【馬の寿命】
25年ほど。個体差もあるが、長いもので30~40歳が一般的とのこと。
【馬の睡眠】
・睡眠時間は3~4時間(売れっ子アイドル並みかな?!)
・立ったまま寝て、夢を見ることも研究から明らかになっている[眠い(睡眠)]
・安心した環境では、横臥して寝ることもある。
【馬の体温】
平熱は年齢により個体差があるものの、平均的な人間より若干高めの38℃。
【馬の一般的な餌】
餌物を選好みしたりしないそうだが、好物はニンジン、リンゴ、角砂糖など硬く甘いもの全般で、アイスキャンディーなども食べる。●ミネラル塩など
【馬の年齢】諸説あり
(馬の年齢ー3)×3+17=人間の年齢で、3歳までの成長が特に早い。
生態的成長は5歳~6歳の間で終了。
【馬の虫歯】
馬の歯は絶えず伸びるため、馬は“虫歯”にはならない[るんるん]
【馬の性格】
好奇心が強く、縄張り意識は薄弱で、大抵の馬は攻撃的な性格ではなく、従順で依存心が強い。
【馬の蹄】
人間の爪と同じケラチンで出来ている。厚いため、衝撃を受けてもびくともしない。
【馬の知能】
・知能は大変高く、記憶力も抜群。
・人を識別出来る能力を備えている。
【馬の聴力】
聞き取れる高音の限界はおよそ30kHz。 *人間は20Hz~20kHzです^^
【馬の目】
・夜行性でもないにも関わらず、夜目が利き、目が光る。
・眼球の直径が4.5cmで、人間の約2倍の大きさがある。
・重さは約100g。
・網膜の残像作用時間が短く、高速で走っている時も目に映る景色が流れない。
・色を感知する細胞がある *黄色→緑→青の順で良く認識出来るが、赤は不明?
・視野が広く、真後ろ以外は全て(350度)視界に入れることが出来る。
 注)真後ろ(死角)に入ると、後脚で蹴られる可能性があるから要注意!!

明日、学校や職場で“おんまの豆知識”を自慢げに話しましょう(^_^)v

第40回 さがら草競馬大会 [動物]

さがら草競馬大会(1).JPG
昨日の午後、相良サンビーチで開催された「第40回さがら草競馬大会」に出掛けました。
さがら草競馬大会(2).JPG
ポニーと少年騎手
さがら草競馬大会(3).JPG
このポニー、何かやる気なさそうな顔をしています(^^;;
さがら草競馬大会(4).JPG
午後は、午前中に行われた予選の順位に応じて決勝戦が行われ、最終レースでは1位だった馬が"砂浜を3周する"過酷なレースが展開されます[あせあせ(飛び散る汗)]
さがら草競馬大会(5).JPG
これは「中間馬」のレースですね[るんるん]
さがら草競馬大会(6).JPG
曇り空で、東(海側)からの冷たい風(この地方では“ならいの風”と言う)が吹いてました[曇り]
さがら草競馬大会(7).JPG
お父さんと“砂遊び”かな?!
さがら草競馬大会(8).JPG
今年も、ヘリコプターによる遊覧飛行が行われていました[グッド(上向き矢印)]
さがら草競馬大会(9).JPG
これも「中間馬」のレースかな?!
さがら草競馬大会(10).JPG
こちらは、サラブレットのレースです。
さがら草競馬大会(11).JPG
予選で“3位”だったお馬さん達だったと思います^^;)
さがら草競馬大会(12).JPG
防波ブロックに、波が激しく打ち付けていますね[がく~(落胆した顔)]
さがら草競馬大会(13).JPG
沖にヨットが見えます[目]
さがら草競馬大会(14).JPG
砂の芸術[アート]
さがら草競馬大会(15).JPG
ポニーのレースです[かわいい]
さがら草競馬大会(16).JPG
戦い済んで…お疲れさま^^
さがら草競馬大会(17).JPG
ショベルカーで“馬場”を整備しています(^_^)v
さがら草競馬大会(18).JPG
再び、サラブレッドのレースです[exclamation]
さがら草競馬大会(19).JPG
やはり迫力が違いますね[揺れるハート]
さがら草競馬大会(20).JPG
勢い余って、第1コーナーを曲がり切れないお馬さんもいます[ちっ(怒った顔)]
さがら草競馬大会(21).JPG
激しく“砂煙”が舞い上がります。
さがら草競馬大会(22).JPG
このレースは“予選2位”の馬達が、「牧之原市長杯」を賭けて戦っています[ダッシュ(走り出すさま)]
さがら草競馬大会(23).JPG
1位は「ハチゴロウ」、2位が『シナノインパクト」、3位が「ゴロウマル(?)」、4位は「シュレック」だったと思います[モータースポーツ]
さがら草競馬大会(24).JPG
こいのぼりが泳いでます。
さがら草競馬大会(25).JPG
精悍なお顔ですね[ハートたち(複数ハート)]
さがら草競馬大会(26).JPG
最終レースが始まりました[わーい(嬉しい顔)]
さがら草競馬大会(27).JPG
優勝はどのお馬さんでしょうか?!
さがら草競馬大会(28).JPG
ゼッケンナンバー10番が現在トップかな?!
さがら草競馬大会(29).JPG
ゼッケンナンバー48番が追い抜きました[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]
さがら草競馬大会(30).JPG
激しくデッドヒートを繰り広げています[exclamation×2]
さがら草競馬大会(31).JPG
さあ、このままゼッケンナンバー48番が逃げ切れるのか?!
さがら草競馬大会(32).JPG
ゼッケンナンバー48番が、トップで3周目に突入しましたが
さがら草競馬大会(33).JPG
騎手が大きく傾いていますね^^;)
さがら草競馬大会(34).JPG
騎手が浮き上がっているように見えます[目]
さがら草競馬大会(35).JPG
これはヤバい!!
さがら草競馬大会(36).JPG
騎手が宙に舞いました(>_<)
さがら草競馬大会(37).JPG
ジャンプしているみたいですね(^^;;
さがら草競馬大会(38).JPG
右足が着地?!
さがら草競馬大会(39).JPG
座り込んでしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
さがら草競馬大会(40).JPG
自爆[爆弾]
さがら草競馬大会(41).JPG
ここぞとばかりに、ゼッケンナンバー10番が駆け抜けます[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]
さがら草競馬大会(42).JPG
ゼッケンナンバー10番の優勝は、ほぼ決まりかな(^o^)/~
さがら草競馬大会(43).JPG
その後を追う二頭[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
さがら草競馬大会(44).JPG
ゼッケンナンバー48番の騎手が、再び乗り込みましたが…
さがら草競馬大会(45).JPG
ゴールした、ゼッケンナンバー10番の騎手は嬉しそうです[るんるん]
さがら草競馬大会(46).JPG
激しく鞭を打ち付けるも、お馬さんは嫌がっていますね[ふらふら]
さがら草競馬大会(47).JPG
やっと走り出しましたが“後の祭り”かな(- -;)
さがら草競馬大会(48).JPG
優勝チーム全員で記念撮影[カメラ]
さがら草競馬大会(49).JPG
最後に「牧之原市観光特派員」のお二人を[ハートたち(複数ハート)]
さがら草競馬大会(50).JPG
増田さん(左)と堀田さん(右)だったかな?!

帰りかけた所を追いかけて声を掛けたので、手に水飴を持ったままでお願いしました[かわいい]

旅先で出逢ったニャンコ達 [動物]

グラバー園(45).JPG
今日2月22日は、2(にゃん)2(にゃん)2(にゃん)で「猫の日」ですから、今年は“旅先で出逢ったニャンコ達”を紹介させていただきます[ハートたち(複数ハート)]
まずは、長崎・グラバー園のニャンコ達から…[猫]
唐人屋敷跡(17).JPG
長崎・唐人屋敷跡のニャンコ①
唐人屋敷跡(27).JPG
同じく、長崎・唐人屋敷跡のニャンコ②
亀山社中(8).JPG
長崎・亀山社中へ向かう途中で出逢ったニャンコ
亀山社中(26).JPG
同じく、「亀山(猫)社中」かな(^^;;
元箱根(8).JPG
箱根・芦ノ湖湖畔のニャンコだから“はこにゃん”
大涌谷(22).JPG
箱根・大涌谷のニャンコ
津久見散策(33).JPG
大分・津久見市のニャンコ
注)津久見市は、シンガーソングライター伊勢正三さん(元かぐや姫・風)の生まれ故郷で、JR九州日豊本線津久見駅は、あの名曲「なごり雪」が生まれた場所とされています[るんるん]
http://moony-flight.blog.so-net.ne.jp/2012-11-04
臼杵石仏(63).JPG
大分・臼杵石仏のニャンコ
掛川散策(55).JPG
静岡・掛川城の近くに居たニャンコ
疏水(20).JPG
京都・琵琶湖疎水で出逢ったニャンコ
泉佐野散策(80).JPG
昨年7月の“泉佐野散策”の時、立ち寄った「上善寺」にてふぢたしょうこさんがお友達になろうとトライしましたが、完全にシカトされたニャンコです[もうやだ~(悲しい顔)]
泉佐野散策(85).JPG
その「上善寺」の、山門を出た辺りに居たニャンコです^^;)
喜志駅(14).JPG
最後は『和歌山電鐵 貴志川線』の、貴志川駅で勤務中の「ニタマ駅長」です[かわいい]

また今年も、何処かの街で可愛いニャンコ達に出逢えると良いですね[ハートたち(複数ハート)]

”ジェレマイア”に接近遭遇^^ [動物]

ウシガエル.jpg
今朝の出勤途中に、何か奇妙な物体が道路を渡っていると思って近づいてみたら、ウシガエルがノソノソと歩いているではありませんか[わーい(嬉しい顔)]
近づいたら道路の中央で止まってくれましたので、そのまま通り過ぎましたが、後ろから来た軽トラックも驚いていたようです[ふらふら]
帰りに同じ場所を通ったら、車に轢かれた後はありませんでしたので、無事に渡り終えたものと安心しました[るんるん]

☆写真を撮り損ねましたので、WEBにアップされている画像を見ながら、下手糞な絵を描いてみました[アート]



スリー・ドッグ・ナイトの「喜びの世界(Joy to the world)」に、”ジェレマイア”という名前のウシガエルが登場します^^

Jeremiah was a bullflog(ジェレマイアはウシガエル)
Was a good friend of mine(おいらのダチ公さ)
I never understood a sigle word he said(あいつの言うことはちっとも解んねえけど)
But I helped him a-drink his wine(ワインを呑むのを手伝ってやったんだ)
And he always had some mighty fine wine(あいつの大好きなワインをね)

元々は北アメリカに生息していたウシガエルを、食用として輸入し繁殖させた個体が逃げ出し、日本各地に定着した外来種のようですが、同時に餌として輸入されたアメリカザリガニも同じよう日本に定着していますよね(^^;;



ザリガニと言えば、カーペンターズのヒットで有名な「ジャンバラヤ」に、♪Jambalaya and a crawfish pie and fillet gumbo…(料理はジャンバラヤにザリガニのパイ、ヒレ肉入りのオクラのスープ…)と歌われているから、実際にアメリカの田舎ではザリガニが食べられていたんですね(^^;;

注)この歌は、若者が都会から綺麗な嫁さんを連れて帰ってきたので、親戚中が寄り集まって大騒ぎをするという内容です[ハートたち(複数ハート)]

たま駅長、安らかに [動物]

たま駅長.jpg
                   ー 和歌山電鐵さんのホームページより借用 ー

和歌山電鐵(株)の「社長代理ウルトラ駅長たま」氏が、平成27年6月22日(月)に急性心不全で逝去されたそうです。享年16歳(人間の年齢に換算すると80歳くらい)とのこと。
和歌山電鐵(株)にて、神式での社葬が下記の通り執り行われるもようです。

《日時》 平成27年6月28日(日) 12:30~
《会場》 貴志川線貴志駅(紀の川市貴志川町神戸803)

謹んでお悔やみ申し上げると共に、故人(いや故猫)のご冥福をお祈り致します。<合掌>


たま駅長の最新ムービーです[映画]

詳細は和歌山電鐵(株)のHPにて→http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/
メッセージを送る