So-net無料ブログ作成

「バベルの塔」展 [美術]

東京都美術館(1).JPG
先週の金曜日、JR上野駅を降りて最初に向かったのは「東京都美術館」でした[わーい(嬉しい顔)]
東京都美術館(2).JPG
守衛さんかな?!
東京都美術館(3).JPG
大きな球が展示されています[るんるん]東京都美術館(4).JPG
入口は地階のようですね(^^;;
バベルの塔.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世『バベルの塔』1568年頃 ボイマンス美術館蔵

買ってきたポストカードを紹介します。
展示室でも"拡大表示"で説明されていましたが、建設中の足場や漆喰・煉瓦を釣り上げる重機、回廊を登る人々、港や田園風景などが細密に描かれています[グッド(上向き矢印)]
放浪者.jpg
ヒエロニムス・ボス『放浪者(行商人)』1500年頃 ボイマンス美術館蔵

旅人が名残惜しそうに振り返っている先には「娼家」があり、娼婦が尼僧の格好をしていますので、昔(16世紀)も“コスプレ”があったのですね[グッド(上向き矢印)]
聖クリストフォロス.jpg
ヒエロニムス・ボス『聖クリストフォロス』1500年頃 ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館(ケーニヒス・コレクション)

「聖クリストフォロス」とは“キリストを背負う者”のことだそうで、巨人の聖クリストフォロスが子供を背負って川を渡っていると、子供が段々と重く感じるようになってきたそうです。その証拠に、杖にしている枯木から新芽が吹き出していますし、吊るされた魚は“十字架に架かったキリスト”を暗示しているようですね!?
それと、聖クリストフォロスの顔が”北野武さん”に似ているような…^^;)
ソドムとゴモラ.jpg
ヨアヒム・パティニール『ソドムとゴモラの滅亡がある風景』1520年頃
オランダ文化遺産庁(レイスウェイク/アーメルスフォールト)より、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館に寄託

旧約聖書にある、腐敗した町が“神の火”によって滅亡する風景が描かれていますが、岩屋の下に天使に導かれた聖人の姿が…
聖アントニウスの誘惑.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン
『聖アントニウスの誘惑』1556年頃 ボイマンス美術館蔵

修行を続ける聖アントニウスを、魔物達があの手この手で誘惑しています[がく~(落胆した顔)]
この絵を見て「スターウォーズ」に登場する酒場の風景や、この間観た「キングコング 髑髏島の巨人」のシーンを思い浮かべました[映画]
ムール貝.jpg
作者不詳(ヒエロニムス・ボスの模倣)、彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン
『ムール貝』1562年頃 ボイマンス美術館蔵

富裕層が享楽に興しているのを皮肉っているそうですが、「ムール貝」は”女性器を象徴”しているとか…^^;)
大きな魚は小さな魚を食う.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン
『大きな魚は小さな魚を食う』1557年頃 ボイマンス美術館蔵

”弱肉強食の世界”を描いていますが、「スターウォーズ エピソードⅠ」にも大きな魚が更に大きな魚に喰われるシーンがありましたね^^;)
金銭の戦い.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン
『金銭の戦い』1570-1572年頃 ボイマンス美術館蔵

「大航海時代」の頃ですね!?
邪淫.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン
『邪淫』(連作「七つの大罪」より) 1558年頃 ボイマンス美術館蔵

中央では、裸の女性が魔物と興していますね[ムード] 頭からいきなり腕が生えている怪物やナイフでペニスを切り落とそうしていたり…痛そう(>_<)
スケート滑り.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:フランス・ハイス『アントウェルペンのシント・ヨーリス門前のスケート滑り』1558年頃 ボイマンス美術館蔵

手作りのスケート靴で滑る"庶民の姿"が描かれていますね[ハートたち(複数ハート)]
白亜の巨塔.JPG
椅子かと思ったら、アングルで出来たフレームを積み上げた「バベルの塔」でした[揺れるハート]
高さ510m.JPG
「バベルの塔」は510mの高さだそうですから、それより124m高いスカイツリーは…
メッセージを送る