So-net無料ブログ作成
検索選択

目指せワイナリー(^_^)v [植物]

葡萄の苗.JPG
今日、友人S氏から“葡萄の苗”を貰ってきて植えました[わーい(嬉しい顔)]
棚にすると収穫が大変そうなので、ワイン用のブドウ畑のように“横方向”に枝を伸ばそうかと考えています[るんるん] 収穫出来るようになったら、「手作りワイン」に挑戦も…[ひらめき]
栗.JPG
春先に植えた栗は、一度花が咲いて実を付けたのですが、青い内にカラスに落とされてしまいました[ちっ(怒った顔)]
三宝柑.JPG
「三宝柑」も、順調に成長しているようです[グッド(上向き矢印)]
檸檬.JPG
檸檬の木はまだまだ小さいですね(^^;;
早生蜜柑.JPG
「早生みかん」は、昨年1個しか大きくなりませんでしたが、今年は“豊作”のようです!?

これからの収穫が楽しみですね[ハートたち(複数ハート)]

苦かった「ひつまぶし」(>_<) [グルメ]

ひつまぶし.JPG
今日は“土用の丑の日”ということで、静鉄ストア島田東店さんで静岡県産のウナギが載った「ひつまぶし(税抜780円)」を買ってお昼に食べたのですが、食べてる内に下にもの凄い苦味を感じるようになりました[がく~(落胆した顔)]
最初、鰻の蒲焼の“焦げ”だと思ったのですが、それにしても苦過ぎます[もうやだ~(悲しい顔)]
山椒の実が添えられていましたが、その灰汁抜きに使った薬品か、それともO-157やノロウイルス対策として殺菌に使った次亜塩素酸ナトリウム等の薬品が残留していたのでしょうか?!
下痢や嘔吐はしていませんので、人体に影響を及ぼすような量ではなかったと思いますが、えらい“土用の丑の日”になってしまいました[ふらふら]

サマージャンボ本日まで [今日の出来事]

サマージャンボ.JPG
最高7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」の発売は、今日までとなっています!!
と言うことで、西友南新屋店前の宝くじ売り場で1セット(10枚入)を買ってきました[わーい(嬉しい顔)]
ジャンボリオン.jpg
「ジャンボリオン」に乗れるかなぁ[exclamation&amp;question] でもバラで10枚買ったので、最高でも5億円…[ちっ(怒った顔)]
Honda Jet.jpg
「Honda Jet」は4億5千万円だから、これなら買えそうですね[るんるん]

三菱ランサー1600GSL [車]

Lancer1600GSL.JPG
AmazonさんのEメールで紹介されて、ポチッしてしまった「CAM 1/43 三菱 ランサー 1600GSL 1973年 ブラウンメタリック (参考価格¥9,936の18%OFF¥8,099)」です[わーい(嬉しい顔)]

三菱ランサーは1973年2月に初代モデルが発売され、駆動方式はFR。登場時のボディタイプは4ドアセダンと2ドアセダンの2種類のみで、このモデルは1,600ccのSOHCサターン・4G32型エンジンを搭載した2ドアモデルだったようです。フロントエンブレムには「槍騎兵」から取った車名に合わせて、馬とスリーダイヤモンドをあしらったものが採用されていました。1973年9月ラリー競技車両ベースとなる、ホットモデルの2ドア1600GSRが追加され、三国ソレックス製ツインキャブを用いた1,600ccSOHCサターン・4G32型エンジンが搭載され、これによって1600GSLは4ドア化されたようです!?
                           <Wikipediaより抜粋>

その1600GSRは、WRCのデビュー戦となる1974年のサファリラリーで、ジョギンダ・シンの手により初優勝を果たし、わずか1600ccのマシンが2600ccを誇るポルシェ911をはじめ、並み居る強豪車に競い合い勝利を飾ると言う”歴史的な偉業"を成し遂げています[グッド(上向き矢印)]

Lancer1400GL.jpg
1981年4月に、大学を卒業して三菱ギャラン系のディーラーに就職した私は、上司が6万円で下取りした1400GLを譲り受け半年ほど乗っていましたが、クラッチワイヤーが切れたり、プロペラシャフトの不具合が発生したりしたため
LancerEX1400XL.jpg
その年の12月に、「ランサーEX 1400XL(3速AT)」に乗り換えました[るんるん]

この時の私のナンバーが「32-32(ランサーなのにサニー・サニー)」で、私の売った同じランサーEXのナンバーが「32-33」だったので、お客さんから“何でナンバーを入れ替えてくれなかったの”と叱られてしまいましたね[ふらふら]


LaFESTaさんで土日パスタランチ [グルメ]

サラダ.JPG
先々週の土曜日に浜松へ出掛けた時、駅前にあるイタリア料理&手作りスィーツ工房「LaFESTa(ラフェスタ)」板屋町店さんで、土日パスタランチ(税込1,280円)をいただきました[レストラン][わーい(嬉しい顔)] その時のサラダと…
パスタ.JPG
私が注文した「小松菜とアサリのパスタ」です[るんるん]

この他にソフトドリンクが1点選べましたが、私は定番のホットコーヒーにしました[喫茶店]
一緒に行ったお姉さんは、+200円で“ズワイガニが載った特別パスタ”でしたね(^^;;

夜のメニューには“ワイン飲み放題”等がありましたが、暫くは浜松まで出掛ける機会はなさそうです[ちっ(怒った顔)]

Windows Tablet WN892 [パソコン]

Win Tablet(1).JPG
買っちゃいました[わーい(嬉しい顔)]
Win Tablet(2).JPG
ベイシア電器榛原店さんで、マウスコンピュータ製のWindows Tablet WN892が税抜26,800円(税込28,944円)でした[グッド(上向き矢印)]
Win Tablet(3).JPG
キーボード付き本体カバーの表側を折り曲げると(マグネット付き)、タブレットの背もたれになります[るんるん]
Win Tablet(4).JPG
小型ながら、打ち易いキーボードを採用しています[るんるん]
Win Tablet(5).JPG
8.9型IPS方式液晶パネル(1,280×800)のマルチタッチパネルを搭載し、本体の重量が約383gと持ち運びもラクラクなので、外出先で調べ物やメールの送受信に便利そうです[揺れるハート]
Win Tablet(6).JPG
勿論、キーボードから取り外して“タブレットPC”としても使えます(^_^)v
Win Tablet(7).JPG
Word Mobile
Win Tablet(8).JPG
Excel Mobileや
Win Tablet(9).JPG
PowerPoint Mobileといった「Office Mobile」を標準で搭載しており、また1年間のOffice 365サービスが付属していますので、取引先でのプレゼンテーション等に活躍出来そうですね[exclamation&amp;question] 注)このPowerPoint資料は、私が会社のPCで作成したものです。
Win Tablet(10).JPG
スマホ用のUSB Hub&カードリーダーを接続すれば、SDカードやUSBメモリとのデータのやりとり、ワイヤレスマウス他の周辺機器の使用が可能(付属の標準USB⇔Micro USB変換ケーブルでもOK)になります[ハートたち(複数ハート)]
Win Tablet(11).JPG
夏季長期連休(8月13日~21日)には、このタブレットPCで“外出先からのブログ更新”を計画しています[ひらめき]

詳細はコチラで…http://www.mouse-jp.co.jp/luvpad/wn892/

橋の下のアルカディア [映画]

橋の下のアルカディア_1_1.jpg
先々週の土曜日(7月16日)に、浜松駅前にあるcinema e-ra.で中島みゆきさんの「橋の下のアルカディア」を観てきました[映画]
中島みゆきさんの「夜会」は、一人のアーティストが原作・脚本・音楽・作詞・作曲・演出そして主演するという世界的に例のない音楽舞台で、美術や照明・舞台セットなども彼女のイメージに沿って作られているそうです[グッド(上向き矢印)]
しかも、通常のコンサート会場では火や水を使うことが出来ないため、小劇場的な空間で約1ヶ月間公演されるというロングラン形式のものですが、それでもチケットが入手困難な公演となっているようですね[ちっ(怒った顔)]
今回、劇場版第6弾として公開された夜会Vol.18「橋の下のアルカディア」は、これまでの夜会の歴史の中でも新たな扉を開いたと激賞されたエポックメイキング作品とのことで、使われている曲が過去最多の46曲あるというだけでなく、出演者にはみゆきさんの他に中村中(あたる)さん、石田匠(たくみ)さんという男女の歌い手が絡むというスタイルも画期的だったようです。
そして、音楽監督の瀬尾一三氏(みゆきさんの、デビュー当時からのアレンジャーです)が選び抜いた超一流のミュージシャンによる同時生演奏が、迫力ある音で舞台を盛り上げています[音楽]

舞台は、とあるシャッター街の地下道で、立ち退きを迫られているのにも関わらずそこに住み続ける占い師(中島みゆき)とバーの代理ママ(中村中)そしてガードマン(石田匠)。
かつて防空壕だったその地下道は、それより前には“暴れ川”と呼ばれた時代があり、その怒りを鎮めるために“人柱”という犠牲が払われていました[もうやだ~(悲しい顔)]
見捨てられた街で暮す3人の過去の因縁が混じり合い、ある日嵐が近づいて街が洪水で流されようとしている時に…[ふらふら]

みゆきさんの歌も素晴らしいですが、それ以上に中村中さんと石田匠さんの歌唱が素晴らしかった(完全に主役を喰っていた^^;)です[ハートたち(複数ハート)]
中村中さんは、シンガー・ソングライターや女優としても活躍されているキレイな方ですが、戸籍上は“男性”なんですね(^^;;
また石田匠さんは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア』の主題歌として発表された「風よ 0074」を担当されたミュージシャンとのことです[るんるん]

近くのシネコンでは上映されないため、今回電車で浜松まで出掛けた訳ですが、音響設備が素晴らしい映画館であったため、凄く良い音で楽しむことが出来ました[耳]

でもあのラストシーン、どうやって実現させたのでしょうか…

「橋の下のアルカディア」公式サイト…http://yakai-movie.jp/

室内ペタンク大会 [スポーツ]

ペタンク(1).JPG
今日は、焼津市総合体育館のメインアリーナで開催された、第37回地域交流スポーツ祭「室内ペタンク大会」にスポーツ推進委員(スタッフ)として参加しました[わーい(嬉しい顔)]
ペタンク(2).JPG
「ペタンク」とは、投球サークル(直径30cm位)からビュット(ゴルフボールより少し大きい黄色い玉)を6~10mの位置に投げて、その後各チーム3名が“2個づつ”赤か青のボールを投げ、相手チームのボールよりビュットに近いボールが得点となるゲームです[るんるん]
上の写真の場合ですと、青ボールよりも赤ボールの方がビュットに近いですから、赤チームが1点獲得している状態です[グッド(上向き矢印)]
注)室内ペタンクは、中に砂が入った“樹脂製のボール”を使用しますが、屋外で行う本来のペタンクは“金属製のボール”を使うようですね(^^;;
ペタンク(3).JPG
参加資格は、①一般の部:年齢制限なし(高校生以上)②三世代の部:小学生以上中学3年以下、25歳以上59歳以下、60歳以上③熟年の部:60歳以上となっていて、何れも男女を問いません。
私が担当したHコートは“三世代の部”ということで、小学生の子供さん、お父さんかお母さん、おじいちゃんかおばあちゃんの3人が1チームとなってゲームを行っていました[ハートたち(複数ハート)]
ペタンク(4).JPG
「熟年チーム」の中には、平均年齢82歳、最高齢者は90歳を超える方が参加しておられて、三連敗をしてしまったものの、特別賞を授与されていましたね[揺れるハート]
幕ノ内弁当.JPG
閉会式の後に反省会を兼ねて食べたお弁当は、ほっともっと(Hotto Motto)さんの「幕ノ内弁当 和風」でしたが、洋風の幕ノ内弁当ってあるのかなぁ^^;)


<ペタンクの語源は、南フランスの方言から…?!>
ペタンク(pétanque)とは、フランス発祥の球技である。名称は南フランス・プロヴァンスの方言「ピエ・タンケ(両足を揃えて)」に由来する。スポールブールやプロヴァンサルゲームをベースに1907年に考案されたとされている。
テラン(コート)上に描いたサークルを基点として木製のビュット(目標球)に金属製のブール(ボール)を投げ合って、相手より近づけることで得点を競うスポーツである。
                            - Wikipediaより抜粋 -

チョコケーキサンド [スイーツ]

チョコケーキサンド(1).JPG
サークルKさんで買った、「チョコケーキサンド」です[わーい(嬉しい顔)]
チョコケーキサンド(2).JPG
大きな「森永エンゼルパイ」ってとこでしょうか(^^;;
チョコケーキサンド(3).JPG
味もそこそこですが、やはり本家(エンゼルパイ)の方が大きさ的にも食べ易いかなぁ[ちっ(怒った顔)]

オルセー美術館 ~珠玉の印象派コレクション~ [美術]

オルセー美術館.JPG
今朝スマホで注文したBlu-rayが、夕方に届きました[わーい(嬉しい顔)]
昨夜9:00~BS JAPANで放送された「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」にて、現在国立新美術館で開催されている『オルセー美術館展 印象派の誕生 ―描くことの自由―』が特集されていまして、その中でこのBlu-rayが紹介されていたものですから、Amazonさんでポチッとしてしまいました(^^;;
サクレクール寺院、モンマルトルの街並み、セーヌ川、エッフェル塔といったパリの代表的な景観を写しながら、リニューアルされたオルセー美術館を外観から、そして内部展示室まで紹介していく内容で、絵画は「印象派」「印象派以前」「象徴主義、ポスト印象派」の代表作30点を順次紹介しています[グッド(上向き矢印)]
映像は絵画全体から特徴的な部分の拡大など、映像作品でしか出来ないアプローチを駆使したハイビジョン映像で、約59分間の“オルセー美術館探訪”を楽しむことが出来ます[るんるん]
             ☆以上、ジャケットの紹介文をそのまま引用しました^^;)

勿論、今回の展示会の目玉であるルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」が紹介されていますが、長年浸みついた汚れを洗浄したことにより、明るく美しい色彩が蘇っていますね[ハートたち(複数ハート)]
また当時、フランス国内に延長しつつあった鉄道網を利用して、印象派の画家達が南フランス等へスケッチ旅行に出掛ける時利用したであろうとされるモネの「サン・ラザール駅」が、蒸気機関車の吐き出す水蒸気で煙ったように描かれている点なども紹介されているのが面白いです[揺れるハート]

このBlu-rayを観ていたら国立新美術館に行きたくなってしまいましたが、夏期長期連休中(8月13日~21日)だと混んでいるかなぁ(- -;)


メッセージを送る