So-net無料ブログ作成
検索選択

最初の失業認定日 [再就職活動]

受給資格者証.jpg
昨日は失業保険の「最初の失業認定日」だったので、朝8:30に「ハローワーク焼津」へと出掛けました[車(セダン)]
失業の認定とは、原則として4週間(28日)に1回の指定された日(これを失業の認定日といいます)に、必ずハローワークへ来所して、失業の状態であったことを「失業認定申告書」で申告する必要があります。
私の場合、今回は“最初の失業認定日”であったため、受給資格決定年月日(平成29年5月26日)から失業認定日の前日までが21日しかありませんでした(- -;)
従って、待機期間の7日を差し引いた14日分の基本手当が支給されることになりました[グッド(上向き矢印)]

 ☆基本手当日額6,687円(上限額)×14日=93,618円

上記金額が、指定口座へ振り込まれることになります[銀行]
失業認定申告書.jpg
次回は、7月14日(金)が失業認定日となりますので、上の「失業認定申告書」を提出しなければなりません。この時、①就職(見習・試用期間を含む)した場合②内職や手伝いをした場合③パート、アルバイト、臨時雇用及び日々雇用等の就労をした場合④自営業を開始(準備期間を含む)した場合、会社の役員等に就任した場合、農業・商業等の家業に従事した場合、請負・委任による労務提供をした場合、ボランティア活動をした場合には、収入を得ていなくても、その日付を申告しなければなりません!!
上部にあるカレンダーに、4時間以上働いたなら〇、4時間未満働いたなら×を記入します。私の場合は焼津市の「スポーツ推進委員」をやっていますので、その活動日を申告しなければなりませんが、手当てが9月末にまとめて支払われるため、それまでは基本手当から減額されることはないとのことです(^^;;
また、次の失業認定日までに“少なくとも2回以上”の「就職活動(ハローワークに出向いて就職相談をするとか、セミナーに参加する)」をしなくてはなりませんが、今回の認定日にハローワークへ出向いたことが1回としてカウントされるそうです[るんるん]
求人票.jpg
家のパソコンでハローワークの求人情報を検索していたら、興味深い会社の求人情報があったので、担当官から問い合わせをして貰ったところ、「定年が一律60歳なので…」という理由であっさりと断られてしまいました[がく~(落胆した顔)]
だったら、「年齢不問」と記載せずに「59歳以下」と明記して欲しいです[ちっ(怒った顔)]
nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 27

コメント 2

ひろし

自分の場合は次の仕事が決まってから退職してるので、失業保険をもらったことがないですが、なかなか面倒なものですね。
今は求人を出す側も書いてはいけないことが色々あるようですが、おっしゃるとおり二度手間になることが多いみたいです。

by ひろし (2017-06-18 09:29) 

タンタン

役所の手続きって何をするのも面倒なんですね。
でもしないと貰える物が貰えない…ものぐさな私にとっては、この記事を見てるだけでキツイです^^;
by タンタン (2017-06-18 19:45) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る